スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏 うぶめのなつ

姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)
(1994/08/31)
京極 夏彦

商品詳細を見る


この世には不思議なことなど何もないのだよ―

<STORY>
終戦して数年が経った東京は中野で古本屋「京極堂」を営む中禅寺秋彦(通称:京極堂)の元に、作家の関口が奇妙な話を持ち込んだ。
すでに臨月を迎えたはずの妊婦が二十か月を経てもなお未だ出産出来ないという。またその夫は密室から消え失せたと。
京極堂との会話で関口はその男がかつて旧制高校時代の先輩であったことを知る。
ここまでは噂話でしかなかったが、奇妙な縁か「他人の記憶が見える」という自称・名探偵榎木津の元に、その失踪した男を探して欲しいと依頼が入った。
榎木津と京極堂の妹である敦子と共に問題の病院に向かった関口の中にひどく曖昧な記憶が蘇る…。
関口を絡め取る不可思議な謎。
ここに京極堂の「憑き物落とし」が始まる。


<感想>
これより前の記事でコミック化された「魍魎の匣」を紹介しています。
こちらが本来の京極堂シリーズの第一巻で、今度コミック化するそうです。その前に第三巻の「狂骨の夢」がコミック化されてますが…順番がなぜにここまでずれたんだろう?しかし、私も原作は「魍魎の匣」の方を先に読んでいます(笑)
順番が変わっても「狂骨の夢」まではぎりぎりセーフですね。前作を読んでいなくても話の内容を理解するのに問題はないと思います。
触れる箇所は「魍魎の匣」に登場する関口の書いた小説「目眩」が本作の出来事を書いたとされるくらいかな?
知らなくても問題はないけれど、知っていると「ああ、こういう風に書いたのか」と妙に納得できるはず。

さてさて、内容ですがミステリなんですが、ミステリなんですが、京極堂シリーズはちょっと好き嫌いが分かれるかと思います。
私はとても面白いと思いましたが、純粋にアリバイトリックとか密室トリックとか好きな人はダメかもしれませんね。
本作でもいわゆる「密室」が謎として提示されますが、トリックらしいトリックではないです。
人によっては「そんなのありかよ!」と言うかもしれませんが、私は「あり」だと判断しましたから(笑)

自称・名探偵として榎木津が登場しますが、このシリーズは古本屋の店主であり、神主、そして陰陽師でもある「京極堂」こと中禅寺秋彦が俗にいう「探偵」です。
そして「謎の解明」は京極堂曰く「憑き物落とし」ということになります。

非常に独特なやり方ですが、この「憑き物落とし」には引き込まれました。
また「妖怪話」も面白い。
このシリーズの面白さを伝えるのは難しいですねー。本当に読むしかない。
最初から最後まで緻密に練り込まれた謎とその解明…いろいろな伏線が張られいて、それをこれまた見事に回収していく様は感嘆を禁じえません。

京極堂シリーズのタイトルは妖怪の名前が使用されて、内容もそれに絡んだ事件や謎が登場します。読みにくい名前と見た目にインパクトを与える「ぶ厚さ」に惑わされず、一読して下さい(笑)

ちなみにいろいろと個性的なキャラクターが登場しますが、私はやっぱり「京極堂」が好きですね。
榎木津も面白いんですが……巻き込まれると非常に大変な目に遭わされるので、遠くから見ていたい人です(笑)
関口は、鬱に引きずり込まれそうなので避けたいです(←同類なので危険なのです。ごめん><)。

この作品は映画化されているんですが、まだ見てません。
「魍魎の匣」が…ね。ちょっと、というか、かなり…ね。そのため、見るのに勇気が必要なのです(笑)
本作ではいろいろと問題のある描写というか、モノ…と言ってはいけない重要素が登場するのでコミックの方も気になるところです。

「魍魎の匣」もそうでしたが、この「姑獲鳥の夏」もラストはとても切なかったなぁ。
何とも遣り切れないもの悲しさが残ります。


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 


川に死体のある風景

川に死体のある風景

川に死体のある風景 (創元クライム・クラブ)川に死体のある風景 (創元クライム・クラブ)
(2006/05/27)
綾辻 行人、有栖川 有栖 他

商品詳細を見る


美しい川面に浮かぶ死体、そこから生まれる謎。
歌野晶午、綾辻行人、有栖川有栖など、六名の本格作家が、川を舞台に競作したミステリアンソロジー。

<収録作品>
歌野晶午「玉川上死」
黒田研二「水底の連鎖」
大倉崇裕「捜索者」
佳多山大地「この世でいちばん珍しい水死人」
綾辻行人「悪霊憑き」
有栖川有栖「桜川のオフィーリア」

<感想>
アンソロジーは大好きです。
理由としては、一冊で多くの作家の作品が読めることと、当然ながら短編なので読みやすいからです。
また「テーマ」をどのように解釈して、どのように表現するかそれぞれの作家の個性が非常に出る形式でもあるからです。このブログにも紹介していますが「異形コレクション」というホラーアンソロジーもこれが理由ではまりました(苦笑)

今回のテーマはタイトル通りに「川と死体」。
お約束として必ず冒頭に「川と死体」を出すというのがあったようです。期待通りにどの作品も見事にそれぞれの川、それぞれの死体を出してくれました。
ミステリではありますが、決まりごとはそれだけですので、「川と死体」をその後どのように料理するかは作家次第。
実に面白い内容が揃いました。

歌野晶午「玉川上死」
ゆらゆらと川を流れる死体がひとつ……ところがその死体を引き上げようと追いかけてきた警官が「ちょっと待て~!」と叫ぶと、「僕のことですか?」とその「死体」がひょっこり顔を上げた!
死体の振りをして最終地点まで流れることが出来るかというバカみたいな賭け事をしていた高校生たち。
ところが、それを中継しているはずのふたりが何者かに殺されていたことが判明した。

短編ながらなかなかどんでん返しが効いた作品でした。
高校生の「今しか見ない、自分の楽しみを優先する、子供扱いは嫌うけれど、子供であることを最大限に利用するずる賢さ」がさく裂します(苦笑)
軽快な文章なのですが後味は悪い方ですね。

黒田研二「水底の連鎖」
川に軽トラが転落したと通報を受けて捜索したところ、同じ場所からいろいろなゴミに交じって何と2台の車が発見された。そしてその車にはそれぞれ遺体が。
調べたところ、死後1か月ほどの女性は心臓麻痺、死後2週間ほどの男性は胸部圧迫による事故死、そして軽トラの運転手は逃げ遅れて窒息死……見通しの良い川沿いの道で一体何が起きたのか?

同じ場所で3件もの死亡事故。いかに事故の多い場所とはいえ、揃いも揃って同じ場所に車が突っ込むなんてあり得ない。
そのあり得ない事故の裏側に隠されている謎を解く作品です。
「あーなるほどね」と思いますが、真相は証拠があるわけではないので「謎解き」で終わります。

大倉崇裕「捜索者」
山間を流れる沢に赤いジャケットが。
山小屋で待機しているはずの彼がなぜ外に出て、そして沢に転落したのだろうか…?
遭難者を捜索するための山岳救助隊とそれに協力する民間人の登山者たちの前で起きた過去の事故。しかし、再び同じ山で起きた事故が燻っていた疑惑を呼び覚ます。

「沢」は「川」ですよね?作者はまず確認したそうです(笑)
まぁ、解釈の違いですよね……でも、作品を読み終えると「川に死体のある風景」ではなく「山に死体のある風景」の方がしっくりきます。作者もそう認めてました(笑)
内容としてはまずまずのショートミステリトリックで面白かったですよ。でも、山…ですね。山が舞台です(苦笑)

佳多山大地「この世でいちばん珍しい死体」
舞台は南米コロンビア。そこを流れる川から体中、自動小銃で撃ち抜かれた「溺死体」が発見された。同日、その近くにある刑務所から「いるはずのない人間」が「脱走しようとして銃殺される」という奇妙な事件が発生する。
果たしてその事件の裏に隠された理由とは?

舞台は南米コロンビアというアンソロジー唯一の海外の川で起きた事件です。まぁ、理由は「治安の悪さ」が「奇妙な事件が起きた背景」のひとつなんですね(苦笑)
事件の詳細を推理するにはちょっと分かりにくいかもしれませんが、私はむしろこの事件に関わった人たちの方が面白いと思いました(←おいおい)

綾辻行人「悪霊憑き」
ひとりの女性が川から水死体となって発見された。彼女は※※※※※※※に憑りつかれて死んだのだ、と思われていたが…。

えーあらすじを読むと「ミステリ?」と思うかもしれませんが、これは綾辻氏の意図したものです。※の表記は実際に作品でも使用されています。
実に単純明快な事件なのですが、それを取り囲む全てが非日常的に仕上がっていて、異色な作品になっています。
笑えるのは「この世に不思議なことなどないんだよ」と日本で一番有名な古本屋の店主…という表現が出てくるところでしょうね。京極堂を知っている人は冒頭からニヤリと笑えます(笑)

有栖川有栖「桜川のオフィーリア」
雪解け水が入り込む川で一人の少女が死んでいるのを発見された。桜の花びらが舞う季節のことである。
彼女は自殺と断定されたが、数年後に彼女の死に顔を撮影した3枚の写真を友人宅で発見した男性が、疑惑を胸に有栖たちの元を訪れた…。

久しぶりに江神部長に出会いしました。有栖川有栖と言えば「火村准教授」の方が有名なんですが、実際はこちら江神部長の方がデビュー作からの探偵なんですよね。
こちらも少女の死の真相というより、写真の謎を解くのが焦点なので「犯人当て」ではなく「謎解き」になります。でも、すっきり纏まっていて切ない話でしたね。


どれもこれも個性が出ていて楽しい作品でした。


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

吹雪の山荘~赤い死の影の下に

吹雪の山荘―赤い死の影の下に (創元クライム・クラブ)吹雪の山荘―赤い死の影の下に (創元クライム・クラブ)
(2008/01)
笠井 潔、北村 薫 他

商品詳細を見る


<STORY>
大みそかの夜、それぞれの理由から清沢郷の山荘にやってきた宿泊客たち。
ある山荘が「幽霊山荘」と呼ばれる曰くつきの山荘であることから、モノ好きな若者たちがその山荘へと向かった。
そこで首なし死体を発見するが、荒れた天候により外部への連絡が取れない状況となってしまう…。

<感想>
本作は「リレー小説」で、執筆者たちが誇る名探偵たちが「宿泊客」として登場し、事件の謎を解いていくものです。
名探偵勢揃いの豪華絢爛な設定ではありますが…

しかし!「リレー小説」には大きな落とし穴があります!


好き勝手にやってしまうと収拾がつかなくなる!

当たり前ですが、「事件の発端」担当と「事件の解決」担当は別の執筆者となります。またその間に「中盤事件」担当や「推理」担当など入るので、あまりあっちこっちに視点を変えたり、あるいは事件を起こして後は知らんみたいな投げっぱなしをやると、解決する事件も解決しません。

かつて「堕天使殺人事件」というリレー小説を読んだことがあるのですが、これはひどい出来でした。
密室殺人の解決方法がいくらなんでも強引で、また一章丸ごと「あれは本事件とは関係なく、狂言」とばっさりと切られるという何とも後味の悪いものとなりました。

そんな失敗があったにも関わらず、またもやリレー小説に手を出す私も私なんですが(笑)

最大の問題は登場人物として有栖川有栖青年が出ているけれど、作者である有栖川氏が諸事情により辞退するというハプニングがあったことでしょう…この執筆陣で読んだことのある作者は有栖川氏だけだったのに(爆笑)
まぁ、法月氏が二章も担当して、有栖川氏の名前が載ってなかったことから「急きょ辞退」だと分かっていたんですけどね。

せっかくの豪華探偵陣も、作品を読んでいないので、彼らの人となりがよく分からなかったのがまた何とも(笑)
まぁ、問題なかったからいいやw

今回は「堕天使~」ほど空中分解的なことはなかったけれど、やっぱり前任者の推理を次の方が否定したりと忙しかったですねぇ。
最終的には、まぁ…何とか事件としてはギリギリのところで「ちょっと待て!こんなんあるかぁ!」は避けられたと思います(苦笑)

リレー小説ってやっぱり難しい形態ですねぇ。

赤毛のレドメイン家

赤毛のレドメイン家 The Red Redmaynes
赤毛のレドメイン家 (創元推理文庫 111-1)赤毛のレドメイン家 (創元推理文庫 111-1)
(1970/10)
イーデン・フィルポッツ

商品詳細を見る


イギリスから始まり、イタリアのコモ湖畔に渡って繰り返された奇怪なる殺人事件。
一年以上の月日を費やして行われる、緻密な殺人計画を思い描き、実行しているのは誰か?


<STORY>
ロンドン警視庁の警部であるマーク・ブレンドンは休暇を利用して、ダートムアに訪れていた。しかし、その静かな田舎町で起きた「殺人事件」のために、その休暇は終わりを告げる。
ロバート・レドメインという男が姪の夫を殺害し、その遺体を持って姿を消したというのだ。
事件はあまりにも単純で、すぐにでもロバート・レドメインの逮捕で解決すると思われたが……。

<感想>
本作品は1922年に発表された長編本格推理小説です。
年代が非常に古いです。
作中に出る「戦争」は「第一次世界大戦」のことですよ!!(発表当時はまだ第二次世界大戦が始まってないので、当然「第一次」とは言わない:笑)
それでも、現代の推理小説愛好家の「ベストミステリー」に燦然と輝く名作なのが、この「赤毛のレドメイン家」なんですね。
何度も何度もこのタイトルを見ましたが、実際に読んだのは今回が初めてです。

古典ミステリはやはり時代背景が顕著に出るので、トリックが分からなかったり、あまり面白くなかったりすることがあるので躊躇っていました。
もうひとつは「地理」ですね。
あれこれ場所を移動して、それがトリックに利用されるとお手上げです(苦笑)

有名な古典ミステリのひとつであるクロフツの「樽」を読んだのですが、ヨーロッパ地理がよく分からないし、当時の荷物の運搬事情も知らないので、トリックの「樽の移動」が全く理解できなかった…orz
これは日本の作品でも同じで、鮎川哲也の「黒いトランク」が同じようにふたつのトランクを運搬するトリックが理解できなくてダメでした><

それでも、今回は思い切ってこの「赤毛のレドメイン家」を図書館で手に取ったのですが……これは面白かったです。
すでに推理小説のありとあらゆるパターンが出尽くしたと言ってもいい現代では、そんなに真新しい内容ではありません。だた、発表された当時は反響が凄かったと思います。

作中で起きる殺人事件は「死体なき殺人」であり、犯人は「神出鬼没な犯人」なのです。

現場には明らかに大量の血痕が残されるも、死体は発見されないままで、犯人と思われる赤毛の男は警察の捜査網を掻い潜り逃亡を続ける。
そして、次の標的の近くに突然現れ、そして再び消え失せる。

この手の展開はもう王道となって、読者は「現在、目に見えている人物の中に犯人がいる」と見当をつけることができます(笑)
その王道を切り開いたのがこの「赤毛のレドメイン家」じゃないでしょうか?

「三段構えの逆転」と評されるこの作品は、犯人の見当がついていても、「確信」にまで至ることができませんでした。
やっぱり先入観があって、探偵が犯人を名指しした時に「ああ、しまった!そうか!!」とちゃんと騙されていたことが判明しました(笑)
1922年の作品でも騙される私って…!!

特に久々に良かった~♪と思われた点は「犯人」の動機や人物像がはっきりしていたところです。
これは個人の好みなんですが、トリック先行のミステリでは、この動機や犯人の人物設定が甘かったりして、感情移入が出来なくて不完全燃焼な読後を味わうことが多いので好きじゃないんですよ。

「密室」に多い機械トリックや電車や飛行機などと利用したアリバイトリックは、読者側には分からないことが多すぎます。
それが好きな人もいますが、私はこれだけだとダメですね。
特に「殺人事件」は「人が人を殺す」のですから、その「人」がしっかり描かれていないと、事件が解決しても「だから、何?何が言いたいの?何をしたかったの?」と不満が残ってしまうんですね。

ラストの大どんでん返しを狙い過ぎるあまり、空中高く舞い上がったはいいけれど、着地できずに終わるという何とも中途半端な作品もありますが(…最近、一本当たったなぁ…このブログでも紹介していますが、「烏に単衣は似合わない」がそれです。)、この「赤毛のレドメイン家」はきちんと着地しました(苦笑)

そういえば、犯人が珍しく「悪党」でしたね(笑)
動機もちゃんとあるんですが、とてもじゃないけれど同情できないし、告白部分を読んでいると本当にイライラします。
それくらい「立派な悪党」です!

なお、作中で犯人の考えた計画は、現代では通用しません。しかし、それは仕方がないのでスルーしましょう(笑)
でも、十分に楽しめた作品でした。

モルグ街の殺人

「モルグ街の殺人」
著作:エドガー・アラン・ポー


<あらすじ>
モルグ街で起きた異常な殺人事件。
被害者は女性二人。
ひとりは絞殺されてから、暖炉の煙突にさかさまになって押し込まれており、もうひとりは首を刃物で切り落とされていて、その遺体は庭に投げ捨てられていた。
現場は二人が住む屋敷の四階で、近所の住人が女性の悲鳴を聞きつけて駆けつけたところ、扉は固く閉ざされていた。
中からは女性の悲鳴以外、何者かの叫ぶ声が。
何とかこじ開けて部屋に入った時にはすでに凶行は終わっており、部屋中の窓は閉まっていて犯人の姿はどこにもなかった……。


<感想>
推理小説の元祖ともいわれるポーの代表作ですね。
舞台はパリ。探偵の名前は「C・オーギュスト・デュパン」で、作品は彼の友人兼同居人である「私」が事件を語る形式で綴られます。
このブログで紹介した「黒猫の遊歩あるいは美学講義」を読んだ時に、ポーの作品が紹介されたのをきっかけに、また読みたくなったので図書館で借りました。

………「ポー全集」とてつもなく分厚いです(笑)

全三巻なのですが、一冊でも十分重いので、読みたい作品が収録されている第二巻だけ借りました…根性が残っていれば他の巻も借りる予定です(笑)

実はこの「モルグ街の殺人」を読むのは恐らく四回目だと思います。
最初の出会いは小学校の図書館で、児童向けのミステリシリーズで読んだ覚えがあります。挿絵がものすごく怖かったので内容よりもそちらの方が記憶に残っています(苦笑)
暖炉の中に女性の遺体がさかさまになって押し込められているという衝撃的な絵が…怖かった。
ほかには「黒猫」も一緒に収録されていたのですが、やっぱりこちらも挿絵が(笑)

そのため、おぼろげに内容は分かっているものの、探偵のデュパンが披露する名推理が吹っ飛んでしまって、後になって漫画か何かで「モルグ街の殺人」を引用した作品を読んで再度読み直したのです。(これが二回目)

その後、社会人になってから今借りているのと同じ本を一度借りて読んでます(三回目)
そして今回で四回目になるわけですね。

何回読んでも面白い(笑)
まぁ、非常に説明だらけですけど、理論的に推理を展開して謎を解き明かして真実を見破る方法が初めて登場したとされる作品です。
「密室殺人」の様相を呈していますが、この作品はそれを重要視しているわけではなく、上記の「理論的に推理する」のがポイントです。
今でこそ当たり前のことですが、これが元祖なのかと思うとやっぱりすばらしい。

ただ「犯人」がすごいですけどね(苦笑)
「元祖推理モノ」というよりもこちらの方が有名かもしれません。今となっては「禁じ手」に近いですね。

ミステリ界の女王アガサ・クリスティも「アクロイド殺し」「オリエント急行殺人事件」「そして誰もいなくなった」の三作品はラストのオチが非常に有名です。
これも彼女が「最初」に書いたものなのでOKでしょうが、その後は二番煎じとなるので使い方を誤ると「禁じ手」だと思います(笑)

ポーの作品はいろいろなところで引用されているので、じっくり読み直していきたいと思います。
また感想をちょこちょこアップしていきます。
プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。