スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントン・コード/Vの伝染

13 thirteen ~マスターズ・オブ・ホラー2~

ワシントン・コード THE WASHINGTONIANS
監督:ピーター・メダック

<STORY>
アメリカ建国の父と呼ばれる初代大統領ジョージ・ワシントンの故郷。祖母の訃報を聞いて、マイクは妻と娘と共にその地を踏んだ。
かつて祖父母が住んでいた家を片付けていると、地下室にあったジョージ・ワシントンの肖像画の裏から一通の手紙と古いフォークが見つかる。
それがマイクたち家族を恐怖に陥れる代物だった。

<感想>
何じゃこりゃ??
はい、これが正直な感想です(笑)

原題は「ワシントニアン」で、作中に登場する「ワシントンの精神を忠実に守り、実践し、伝えていくことに全てを懸ける狂信者たち」のことです。
邦題は間違いなく「ダヴィンチ・コード」のパクリですね。
このタイトルに騙された…orz
何のサスペンス要素も、謎解きの醍醐味もない、何というか……意味が分からん、ドタバタコメディのような作品でした。

唐突に始まり、何だそれ?といった問題が起き、おいおいおい!といった展開で進み、こんなのアリ?なオチで終わるというZ級作品のような印象を持ちました。

まず「初代大統領ジョージ・ワシントンは実はカニバリズム(人肉食い嗜好)だった」というとんでもない設定です。
本人に祟られても文句は言えないぞ(苦笑)
でも、これをやってしまうのがアメリカというか…自由が保障されている証拠ですね。
自称:世界一の経済大国やマスゲーム命の国でやってご覧なさい……死刑だよ。どちらも建国の父は絶対不可侵だからね。

あー作品全てがツッコみどころなんですが、特に気になったところがあったので、ちょっと言わせて下さい。

人肉食いになると、どうして原型・生肉のままなんでしょう?
ゾンビやクリーチャーならともかく、今回は人間なんですよね。
それなのに、人肉を食べるシーンになると、人体ぶつ切り血抜き処理もしない内臓もそのまま生肉を手づかみで食べるんですよ。

豚のように生肉のまま食べるのは危険ということはないかもしれませんが、血液には催吐作用がありますので気持ち悪くなりません?
また産毛があるままの皮膚ごと食べるの?
筋や腱があると食べにくいよね?
内臓だって、何の処理もしないままだと、胃液や膵液、胆汁なんかでぐちゃぐちゃだろうし、胃や腸には未消化物があるだろうし、膀胱には尿、大腸には便などあって食べられないだろ!!

そもそも、ナイフとフォークを使ったシーンでも、血の乾いてない足首って……豚足と違うんだよ?

恐らくはこの作品のメインシーンなのでしょうが、あまりにも低予算丸出しで作り物全開だったことと、過剰な演出・描写過ぎたせいか上記のようなツッコミをしてしまいました。

トドメの大オチが、この作品はホラーではなく、少々出来の悪いブラックコメディだったと決定づけたと思います。



Vの伝染 THE V-WORD
監督:アーネスト・ディッカーソン

<STORY>
些細なきっかけから、死体を見に行こうと真夜中にジャスティンとケリーは近くの葬儀場へ忍び込む。ところがその場所でひとつの死体が突然起き上がり、二人に襲いかかった。
ケリーが喉笛を噛まれ、何とか逃げ出したジャスティンも、追いかけてきたケリーに同じように噛まれてしまう。
翌朝目を覚ましたジャスティンは自分の身体が変化していることに気が付く。

<感想>
先に「ワシントン・コード」を見たので、こちらは妙に王道のホラー作品だと感じました(笑)
それにしてもホラー作品の邦題って、微妙なモノが多いですね……ん~~「伝染」ねぇ。確かに「伝染」だけどさぁ。
原題を生かして「V」だけでも良かったような気がする。

冒頭のケリーが夢中になってプレイしていたゲームが、バイオハザード系で「ゾンビ」かな?と思いましたが、実は「V」が「Vampire」の「V」なんですよ。
ジャスティンのPCで流れていたDVDかな?それがベラ・ルゴシ主演の「ドラキュラ」だったのが伏線か。
ゾンビだと本人の理性が完全に無くなってしまいますが、吸血鬼だと理性というか意思が残るんですよね。

60分に満たないTVドラマ作品なので、非常に展開が早くて曖昧な部分がありましたが、纏まっていたと思います。
親友であっても、葬儀場に行こうと言い出したのはジャスティンで、それに付き合ったケリーが酷い目に遭います。しかし、空腹感に負けてジャスティンを襲ったのはケリー。
「お前のせいだ」とどちらもが言いたいでしょう。
ケリーはジャスティンを真の仲間にしようと、母と自分たちを裏切った父親を襲えと迫り、ついには咽喉を切り裂いて血を飲めと言い放ちますが、ジャスティンはこれを拒否。

また最初にふたりを襲った男が、さらにケリーに命じてジャスティンに人間を襲わせようと画策しますが、ここがメインシーンになるのかな?
ジャスティンの妹を生贄に選んだけれど、兄は頑張った。

一番えぐいシーンがここでありますが、その後、ジャスティンがケリーを同じように殺すかと思いました…でも、殺せないのよね。
凄惨なシーンの後は、親友たちの決別で、互いに選んだ道を行きます……行ったのはケリーだけだけど。
このラストは自業自得と言うには少し寂しかったかな。

よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。