スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の山荘~赤い死の影の下に

吹雪の山荘―赤い死の影の下に (創元クライム・クラブ)吹雪の山荘―赤い死の影の下に (創元クライム・クラブ)
(2008/01)
笠井 潔、北村 薫 他

商品詳細を見る


<STORY>
大みそかの夜、それぞれの理由から清沢郷の山荘にやってきた宿泊客たち。
ある山荘が「幽霊山荘」と呼ばれる曰くつきの山荘であることから、モノ好きな若者たちがその山荘へと向かった。
そこで首なし死体を発見するが、荒れた天候により外部への連絡が取れない状況となってしまう…。

<感想>
本作は「リレー小説」で、執筆者たちが誇る名探偵たちが「宿泊客」として登場し、事件の謎を解いていくものです。
名探偵勢揃いの豪華絢爛な設定ではありますが…

しかし!「リレー小説」には大きな落とし穴があります!


好き勝手にやってしまうと収拾がつかなくなる!

当たり前ですが、「事件の発端」担当と「事件の解決」担当は別の執筆者となります。またその間に「中盤事件」担当や「推理」担当など入るので、あまりあっちこっちに視点を変えたり、あるいは事件を起こして後は知らんみたいな投げっぱなしをやると、解決する事件も解決しません。

かつて「堕天使殺人事件」というリレー小説を読んだことがあるのですが、これはひどい出来でした。
密室殺人の解決方法がいくらなんでも強引で、また一章丸ごと「あれは本事件とは関係なく、狂言」とばっさりと切られるという何とも後味の悪いものとなりました。

そんな失敗があったにも関わらず、またもやリレー小説に手を出す私も私なんですが(笑)

最大の問題は登場人物として有栖川有栖青年が出ているけれど、作者である有栖川氏が諸事情により辞退するというハプニングがあったことでしょう…この執筆陣で読んだことのある作者は有栖川氏だけだったのに(爆笑)
まぁ、法月氏が二章も担当して、有栖川氏の名前が載ってなかったことから「急きょ辞退」だと分かっていたんですけどね。

せっかくの豪華探偵陣も、作品を読んでいないので、彼らの人となりがよく分からなかったのがまた何とも(笑)
まぁ、問題なかったからいいやw

今回は「堕天使~」ほど空中分解的なことはなかったけれど、やっぱり前任者の推理を次の方が否定したりと忙しかったですねぇ。
最終的には、まぁ…何とか事件としてはギリギリのところで「ちょっと待て!こんなんあるかぁ!」は避けられたと思います(苦笑)

リレー小説ってやっぱり難しい形態ですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。