スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルグ街の殺人

「モルグ街の殺人」
著作:エドガー・アラン・ポー


<あらすじ>
モルグ街で起きた異常な殺人事件。
被害者は女性二人。
ひとりは絞殺されてから、暖炉の煙突にさかさまになって押し込まれており、もうひとりは首を刃物で切り落とされていて、その遺体は庭に投げ捨てられていた。
現場は二人が住む屋敷の四階で、近所の住人が女性の悲鳴を聞きつけて駆けつけたところ、扉は固く閉ざされていた。
中からは女性の悲鳴以外、何者かの叫ぶ声が。
何とかこじ開けて部屋に入った時にはすでに凶行は終わっており、部屋中の窓は閉まっていて犯人の姿はどこにもなかった……。


<感想>
推理小説の元祖ともいわれるポーの代表作ですね。
舞台はパリ。探偵の名前は「C・オーギュスト・デュパン」で、作品は彼の友人兼同居人である「私」が事件を語る形式で綴られます。
このブログで紹介した「黒猫の遊歩あるいは美学講義」を読んだ時に、ポーの作品が紹介されたのをきっかけに、また読みたくなったので図書館で借りました。

………「ポー全集」とてつもなく分厚いです(笑)

全三巻なのですが、一冊でも十分重いので、読みたい作品が収録されている第二巻だけ借りました…根性が残っていれば他の巻も借りる予定です(笑)

実はこの「モルグ街の殺人」を読むのは恐らく四回目だと思います。
最初の出会いは小学校の図書館で、児童向けのミステリシリーズで読んだ覚えがあります。挿絵がものすごく怖かったので内容よりもそちらの方が記憶に残っています(苦笑)
暖炉の中に女性の遺体がさかさまになって押し込められているという衝撃的な絵が…怖かった。
ほかには「黒猫」も一緒に収録されていたのですが、やっぱりこちらも挿絵が(笑)

そのため、おぼろげに内容は分かっているものの、探偵のデュパンが披露する名推理が吹っ飛んでしまって、後になって漫画か何かで「モルグ街の殺人」を引用した作品を読んで再度読み直したのです。(これが二回目)

その後、社会人になってから今借りているのと同じ本を一度借りて読んでます(三回目)
そして今回で四回目になるわけですね。

何回読んでも面白い(笑)
まぁ、非常に説明だらけですけど、理論的に推理を展開して謎を解き明かして真実を見破る方法が初めて登場したとされる作品です。
「密室殺人」の様相を呈していますが、この作品はそれを重要視しているわけではなく、上記の「理論的に推理する」のがポイントです。
今でこそ当たり前のことですが、これが元祖なのかと思うとやっぱりすばらしい。

ただ「犯人」がすごいですけどね(苦笑)
「元祖推理モノ」というよりもこちらの方が有名かもしれません。今となっては「禁じ手」に近いですね。

ミステリ界の女王アガサ・クリスティも「アクロイド殺し」「オリエント急行殺人事件」「そして誰もいなくなった」の三作品はラストのオチが非常に有名です。
これも彼女が「最初」に書いたものなのでOKでしょうが、その後は二番煎じとなるので使い方を誤ると「禁じ手」だと思います(笑)

ポーの作品はいろいろなところで引用されているので、じっくり読み直していきたいと思います。
また感想をちょこちょこアップしていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。