スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみこどもの雨と雪

「おおかみこどもの雨と雪」
製作年:2012年/製作国:日本/配給:東宝/監督:細田守/上映時間:117分


<あらすじ>
花が出会ったのは「おおかみおとこ」でした。
やがて二人の間には女の子の雪と男の子の雨が生まれます。しかし、夫であり父親である彼は不慮の事故で他界。幼い二人の「おおかみこども」を抱え、試行錯誤を繰り返しながら花は子育てに奮闘します。頼りになる父親が不在の中、オオカミと人間を行き来する子供たちを人に知られる訳にはいかず、花は都会を離れ田舎で暮らすことを決意。
やがて子供たちは成長し、自分の生き方を見つめ始めます…。

<感想>
夏休みの映画だったと思うので、もう二か月も過ぎたら終わってるかな~と思っていました。しかし、一日一回でしたが上映していたので見ました。気にはなっていたんですよね。
観客も少なかろうと思っていたのですが…意外にも混雑していてびっくり。日曜日とはいえ、席がほぼ埋まってるってどういうこと?
田舎なので観客数3名なんて珍しくないのに…新しい映画館だったから??
それはさておき、ほぼ予備知識なしで見たので久しぶりにドキドキしましたよ…ついつい感想ブログを読んでしまうことが多いのでw

素直な感想としては思ったよりも面白かった、です。
映画の感想レビューのところに「父親不要論」か?というものがありましたが、母親の花の中には常に父親である彼が居たと思います。そうでなければ、花の子育てはあり得なかったかと…。
オオカミと人間の間を行ったり来たりする子供たち。
安易に人に知られる訳にはいかず、悪戦苦闘する母親。
これがホラーやアクション系の作品なら、二転三転する展開になるでしょうが、この作品は淡々と移り変わる時間の中で成長していく親子三人を描いています。

人によって非常に感想が分かれるんじゃないでしょうか?

以下はネタバレも含みますので要注意。









アニメなのでいわゆる<子供向き>と思った方多いのかしら。
でも、この作品はそうではないかな。少し困ったのは花とおおかみおとこのいわゆるベッドシーン(笑)
露骨な表現ではなかったです。大人から見ればありきたりなぬるいシーンですが、本当にお子様だと分かったかどうか。
帰るときに幼稚園くらいの子いました。私の隣りにいたのは小学5~6年生くらいの女の子だったので、こちらは大丈夫だと思います(苦笑)

特に最後の方になると、姉の雪と弟の雨が生きる道を違えていく展開になり、ラストに繋がっていくわけですが…主に雨の方が強調されていたかな?
でも、雪の方だってちゃんとあったんですよ。
ただ帰りに小学生の女の子たちが「最後、雨ばっかりだったね。雪の方が知りたかったのに」と言っていたのを聞いて、やっぱり<子供向き>じゃないんだなと思いました。
彼女たちの頭の中ではきっと雪のほのかな初恋の行方が大事だったんでしょうね。
雪は秘密を同級生の男の子に打ち明け、そして男の子は「知ってる」と答えた…あれで十分だと思いましたが、きちんとした形で描かれてなかったので、彼女らにしてみれば中途半端だったのかな。
(中学生に進級し、寮に入るため家を出たとしか言ってなかったしね。男の子は全く出てこなかった。)

雨のオオカミとして生きる決意も、最終的には無言劇のような中で決まったようなものだったし、難しかったのかな。

見終わった後に何が心に残るかなんて人それぞれ。
感想ブログを読んでると特にそう思います。
そして私は書くことを選んだ。
自分が面白かったと思う作品がものすごくけなされることもあれば、面白くなかった作品がべた褒めされているものもあったし、本当に面白いですよ、それが(笑)

これからもちょくちょく書いて、そして読んでいきたいな~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。