スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫の接吻あるいは最終講義

黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森 晶麿

商品詳細を見る


黒猫と付き人がバレエ「ジゼル」を鑑賞中、ダンサーが倒れるハプニングが起きる。
五年前にも同じ舞台、同じ演目でバレリーナが死亡する悲劇が起きていた。
ガラスアーティストの塔馬から聞いた黒猫の過去と二つの事件の関連を気にする付き人。
しかし、何やら隠し事をしているらしい黒猫は関わらないように忠告するだけだった。
仕方なく付き人は一人で事件に挑むが…

ジゼル・ガラスアート・ポオを絡め、二度の事件を結ぶ図式が見えたとき、黒猫の最終講義が始まる。


<感想>
図書館で二冊一緒に借りたので、続けて読みました……続けて読んで正解だった(笑)
お気づきかもしれませんが、実はこの作品の主人公ペアは本名が出てきません。「黒猫」の設定は誰もがこの通称で呼び本名の方が知られていない。そして一人称を担当する女子大生はこの黒猫の「付き人」という役割をそのまま使用するため、これまた名前を名乗ることがない。(…実際には大学教授である「黒猫」の本名が明かされないという設定は無理があるんですけどね:笑)
そのため、脇役だけ名前が出るんですよ。
本書は長編となっているのですが、前作の短編に出てきたキャラが登場した時一瞬、分かりませんでした(笑)

前作の感想に書きましたが、この作品は好き嫌いがはっきり分かれます。
まぁ、前作がダメだった人は絶対に続編なんか読まないでしょうから、この作品を読む人はほぼ今作も大丈夫だとは思いますけど。
それでも、私はこの作品の核というべき「美学講義」が難解なので、軽く流します。そのせいできっと印象が残ってないのでしょう。
時間が経過していたら、思い出せなかったかと(苦笑)

今回は中心となるのがまず「ジゼル」というバレエ演目で、ポーの作品は小説ではなく「詩」が主でした。
いろいろネタバレに関してどうかな?と思われていた前作に比べれば、今作はさほど問題はないかと思います。
また、扱う謎は「五年前のバレリーナの死」から始まっていますので、ミステリー色は強くなっていますね。

タイトルとラストシーンからこのシリーズの終りのように感じましたが、どうも続編が出ているようなので違ったようです。
次がどういった形で始まるのかちょっと気になりますので、図書館で見かけたら読もうと思います。

さてさて、今作の感想ですが良いのではないかと思います。
前作がまずデビュー作であり、短編集でした。そして今作はそれを踏まえての長編でしたが、うまくかみ合っていたと思います。
短編集で付き人の黒猫に対する思いと、黒猫の言動から彼が付き人をどう思っているかを推測する材料は与えられていました。
それがこの長編でうまく生きていると感じました。

推理小説としての謎解きよりもそっちの感想が先になるのは仕方がないです(笑)
「本格推理小説」というにはちょっと無理なので。

何よりも作品の核が「美学・芸術学」なので、起きる事件の発端や結末もまた実に独特なものになります。まぁ、この手のものは初めてではないので真新しさはなかったですが、犯人も被害者もそして探偵もその道の人間なのでいいんじゃないでしょうか?
探偵がうっかり「専門外」だと犯人の動機などが理解できずに、何というか…非常に腹立たしい独り善がりな犯罪として扱われちゃうんですよね…美学って。

今回論じられた美学・芸術学はやや思うところというか、感じるところがありましたので、ちょっと面白かったです。でも深くは考えません(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。