スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫の遊歩あるいは美学講義

黒猫の遊歩あるいは美学講義黒猫の遊歩あるいは美学講義
(2011/10/21)
森 晶麿

商品詳細を見る


でたらめな地図に隠された意味。
しゃべるに隔てられた青年。
に振りかけられた香水。
現れた住職と失踪した研究者。
頭蓋骨を探す映画監督。
楽器なしで奏でられる音楽。

日常の中にふと顔をのぞかせる幻想と現実が交差する瞬間、美学・芸術学を専門とする若き天才教授・通称「黒猫」は美学理論の講義を通してその謎を解き明かしていく。

第一回アガサ・クリスティー賞受賞作。

<感想>
正直、難しい。
何が難しいかと言うと、この作品は好き嫌いがはっきりと分かれるということと、これを「アガサ・クリスティー賞受賞作」として認知できるかできないか難しいです(苦笑)

ミステリー界の女王として有名なアガサ・クリスティーの名を冠した賞の受賞作の割には、謎が何というか私が求めるミステリーじゃないんですよね。
そもそもこの賞がどういった目的で設けられたのか分からないので、選考基準も分からないです。
広義の意味でのミステリー、つまり事件推理だけではなく、幻想的な、あるいは日常の中の非日常的な謎も含まれているのでしょう。

ただ、問題は主人公である女子大学生「黒猫の付き人」が「エドガー・アラン・ポー」の研究をしているという設定から、ポーの作品がそれぞれ引き合いに出されて論じられているので、作品の「ネタバレ」があります。
実際に受賞作もそのネタバレを難として、そこを削除ないし書き換えを条件に受賞という選考評がありました。
でも、実際に単行本として発刊された本書では、各短編ごとに注意書きをした上で、ネタバレをしています。

私自身、ポーの作品は何作が読んでいて、結末もある程度は知っているので問題ないですが…どうなんでしょうかねぇ。
非常に古い作品であり、有名な作品であるからもうネタばらししてもいいだろう的な感覚なら違うと思います。しかし、実際にアガサ・クリスティーやコナン・ドイルなど有名推理作家の作品のネタバレはいろいろな作品で見てますので何とも複雑な気持ちですね。

個人的には改めてポーの作品を読みたくなったので、本書を図書館に返した直後にポー全集(分厚い本3冊なのでまずは小説集)を借りてきましたが(笑)

そして、難解なのがこの謎解きの核となる「美学講義」です。
作者の方が恐らくは専門なのでしょうが、美学・芸術学を専攻していない・興味のない読者は完全に置き去りになります。
これを苦痛と感じる人は、この作品は読めません。これが好き嫌いがはっきりすると言った理由です。
私は分からないなりに軽く受け流して読めるので、最後まで読みましたし、この本書の続編も読みました。

ただ、核となるその部分を流すので結果として作品そのものも軽い印象になります。
難解な単語が使用されている割にはライトノベル感覚になってしまうのは仕方がないかな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。