スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑全書

図説 死刑全書図説 死刑全書
(1996/04)
マルタン モネスティエ

商品詳細を見る


死刑とは単に人を殺すことを目的とするのではない。「死」そのものだけでは死刑の儀式は決して完成しない。
それは多くの場合、見せしめの儀式である。
いかにして悪人たちを苦しめ、死にいたらしめるか。
「死にいたる過程」、すなわちどのようにして殺すかをめぐって、人間は能力の限りをつくし、多様で、残酷な死刑方法を生み出してきた。


かなりマニアックな本です。
買うときはちょっと恥ずかしかった(笑)
現在は「完全版」が出版されているそうですが、私の持っている本はその前のものですね。完全版には当時、掲載できなかった写真などが追加されているそうです。

内容は「死刑」の歴史のようなもので、死刑の存続や廃止などを訴えるものではありません。

今では「いかに苦しまず、簡潔に、人道的な方法で」というかつての目的から正反対の方向で死刑の方法が考えられています。
まぁ、現代では「罪」に対しての「刑罰」として「死」を与えるわけですから、それ以上のこと、つまり「苦痛」とか「侮辱」などを加えることはできないんですね。
昔は「見せしめ」の意味があったので、「拷問」と「死」がセットになっていたから、本当にこんなことを行ってきたのかと思われるものが多いです。

本書には白黒ではありますが、斬首された罪人の首や絞首刑に処された罪人の写真などが掲載されていますので、この手のものに耐性がない方は見ない方がいいでしょう…そもそも手に取らないか(苦笑)
読んだときは正直、驚きましたね。
こんな死刑方法があったのか、と本気で人間は同胞を殺す方法を熱心に考えるのだなぁと呆れるほどです。
写真もかなり生々しく、下手なホラー映画より迫力ありますね。

現在、日本では絞首刑が採用されていますが、死刑廃止論が随分と挙がってくるようになりましたね。
ただ、日本人の感覚からすると「因果応報」というか「自業自得」というか、割とシビアに「罪を犯したのだから罰を受けるのは当然」という感じがあるように思われます。
かつては「仇討」が権利として認められていた時代もありますしね。

この本書以外に「自殺全書」「拷問全書」なるものがあり、これで禁断の三部作というらしいですが、残念ながら「拷問全書」を買いそびれました…ってことは「自殺全書」は持っているという(苦笑)
しかし、後に「奇形全書」「食人全書」「排泄全書」など何だこりゃ?と思うものが出版されているので、三部作ではもうないようですね(笑)
そして買う私も私なんですがw

まぁ、普通の人ならば読むどころか出会いもしないようなマニアックな本でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。