スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖2栞子さんと謎めく日常

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在にひそかに目を細めるのだった―

持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。
それを読み解く古書堂の女店主。
謎めく彼女に惹かれる青年。

ひとつの謎が解かれたとき、またひとつ彼女の秘密が増えていく…。

面白いです。
「ミステリ」というとどうしても殺人事件が圧倒的に多いですが、前述で紹介した「人魚は空に還る」などと同様に「謎」を解き明かす小説ですね。
前述作と違うのは、古書にまつわる謎なので「移動」が少ないです(笑)
謎を解くための移動ではないので、本当に静かに読み解きます。
それでも退屈しないのは、短編形式で簡潔にまとめてあるせいでしょう。これを長編でやられると絶対に途中で訳が分からなくなってアウトです。
一作ごとに女店主・栞子の人間性が明かされていくのがいいな。だんだんと可愛くなっていく(苦笑)
時として、人間の醜い部分が出てくるけれど、それは誰しもが持っているもので、後になってみたら意外にも「いい人」だったりしていい意味で裏切られることもあります。

前作は「本を好き」というか、もう「本以外いらない」という極端な面が痛かったですが、今作は「無邪気な残酷さ」が痛かったですね…。
次作で真意が分かるのか、まだまだこれを引っ張るのか。
ちょっと楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。