スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人魚は空に還る

人魚は空に還る (ミステリ・フロンティア)人魚は空に還る (ミステリ・フロンティア)
(2008/08)
三木 笙子

商品詳細を見る


心優しき雑誌記者と超絶美形な天才絵師、ふたりが贈る帝都探偵物語。

すでにこのブログで紹介した「世界記憶コンクール」のシリーズでこちらが第一弾となります。
図書館で貸出中だったために、順序が逆になりましたがどちらから先に読んでも困らないという珍しいシリーズ物ですね。
表題作が第二回ミステリーズ!新人賞の最終候補作だったようです。
改稿し連作化した本書でデビューとなったようですが、私はこのシリーズ好きですね。すでに第三弾が出ているようなので、図書館が早めに入れてくれることを切に願います。

ミステリですが、血みどろの殺人事件は起きません。危ういのはありますが、探偵が間に合います(苦笑)

<収録作品>
点灯人
真珠生成
人魚は空に還る
怪盗ロータス

この作品の特徴は事件よりもそこに関わった人たちの方に焦点を当てているというか、人間がうまく描かれています。
事件を起こした理由も、人が人を思う(良い意味でも悪い意味でも)ゆえに起きたことなので、何というか殺伐としないんですね。
そこが作品の世界に入りやすい理由かもしれません。

和製ホームズとワトソンなのですが、腰の低いホームズと高飛車なワトソンなので笑えます(笑)さらに本書では和製アルセーヌ・ルパンまで登場するので、今後の作品に期待したいです。

個人的には「人魚は空に還る」が印象強く残っています。
この作品に出てくる「無邪気」で「自己中心的」な女性が一番怖かった…本人は本当に悪意がないのでしょうが、そこが最も恐ろしいという。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。