スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
(2012/07/01)
近藤 麻理恵

商品詳細を見る


「リバウンド率ゼロ!」
一度習えば、二度と散らからない、「こんまり流ときめき整理収納法」とは?


ようやく図書館で発見しました。
ず~っと探していたんですが、これまたず~っと貸出中だったんですね(笑)
一度読めばいいと思うので、買う気にはなれなかったんですよ。
これで読んでいないのは元祖の「断捨離」ですな。続編は読んだので。

私が断捨離を知ったのとほぼ同時くらいでした、こんまり流ときめき整理収納法。
テレビで紹介されていたのをたまたま見たんですが、根本となる理論は断捨離もときめき整理収納法も同じです。
別にどちらかがパクったとは言わないでしょう(笑)

私が部屋の片づけを心機一転で「捨てる」から始めたのもこの二つとは別の本を読んでからなので。こんまりさんも同じように「捨てる」を中心に書いた本を読んで目覚めたと言っていますしね。

読みたかった理由は面白いからです。
単純ですが、同じことを書いていても、別の人が語り手だとまた新鮮な気持ちで読めるんです。
また基本「片づけ」は一生行うもの。
かつての汚部屋にはもう戻りたくないので、大事なことを自身に叩き込んでしまおうというわけです(笑)

間違えちゃいけないのは、確かに「捨てる」から始めますが「何から何まで捨てればいい」というものではないということ。
自分のお気に入りやときめく大事なものを選別する目を、心を養うのが重要なポイントです。
断捨離の本でも同じことを書きましたね。

居心地のいい部屋を手に入れる。
使っていい気分になるモノを手に入れる。

捨てることがすべてだと思われがちですが、なぜ最初に「捨てる」から始めるのかは「必要以上の物を持ちすぎである」こと、そして「物に圧迫されて生活の主軸が自分ではなく物になっている」ことが問題だからです。
本末転倒にならないように、見極めて捨てましょう。

本末転倒と言えば、最近は不景気も手伝ってか「節約」をテーマにした記事を読みますが、中には実践するのをためらうようなものまであります。
まずは「快適な生活」ありきです。
「節約」するために生活をするのではない。
これ、大事ですよね。

「節約」を重要視するあまり、公共施設の備品を持って帰るのは「窃盗」です。一番被害が多いのはトイレットペーパーだそうです。
あとスーパーのビニール袋。

節約を通り越してドケチとなって品性を失うことにもなりかねないので、注意しましょう(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。