スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひとり温泉の愉しみ

おひとり温泉の愉しみ (光文社新書)おひとり温泉の愉しみ (光文社新書)
(2012/02/17)
山崎 まゆみ

商品詳細を見る


会社、家族、恋人、友人、しがらみの全てから解き放たれ、文庫本を片手に携帯電話の電波の届かない秘湯の宿にひとりきり。
こんな旅ができたら心も体も自由に解き放たれるに違いない…。



大学生時代のとき、友人から「ひとりでファミレス入れない」と言われて驚きました。
あるいは「彼氏がいなくて寂しくない?」と言われてさらに驚きました。

基本、ひとりで過ごすことの方が気が楽な性質なので、逆に「ひとりでいられない」という方が疑問を感じます。
ファミレスに入ることも出来ない、ひとりで部屋にいることが寂しいと思う人は旅行などひとりで行くなんて考えたこともないでしょう。

私はひとり旅はもう板についてきたと思います。
しかし、さすがにひとりで温泉メインの旅行はしたことがありません。
近所に温泉施設があるので、そこにはひとりで行ったことがありますが、宿泊しませんし、銭湯の感覚なんですよね(苦笑)
しかし、スパ付きの温泉プランは非常に興味があります。

仕事からでも著者はもう「温泉ひとり旅の達人」となるくらい、いろいろな温泉をいろいろな方法で楽しんでいるようです。
読んでいくと、とても温泉に入りたくなります(笑)

一泊二日でも温泉メインで近場から挑戦しようかな…でも、楽しむんだったら、二泊三日がちょうどいいんですよね…この際、移動は車で行って食事と温泉だけ楽しむような計画を立ててみようかな?

問題は温泉のある宿はなかなか「おひとり様」を歓迎しないところでしょうか。
もともと採算が合わないこともありますが、昔は特にひとりで来る女性客は要注意だとされていましたから、少し行きにくい(苦笑)
これを聞いたとき、よくわからなかったんですが、ひとりの女性はなぜか「自殺」する可能性が高いという理由なのだから驚きです。
まぁ、最近は女性のひとり旅が定着してきたから、そんな風にはマークされなくなったと著者も言ってますが(苦笑)

温泉にもいろいろと種類があり、そのため注意事項も違います。また泉質と楽しみ方も詳しく書いてあるので自分の体質や肌質に合わせて、温泉に行きたいと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。