スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界記憶コンクール

世界記憶コンクール (創元推理文庫)世界記憶コンクール (創元推理文庫)
(2012/05/18)
三木 笙子

商品詳細を見る


心優しき雑誌記者と超絶美形の天才絵師、二人の青年をはじめ明治の世に生きる人々の姿を人情味豊かに描いた、<帝都探偵絵図>シリーズ。

図書館で見つけて借りたのですが、シリーズ「第二弾」なんですね。
第一弾の「人魚は空に還る」は貸出中だったのですが…借りてしまいました(笑)
普通は借りないでしょうけど、何となくいいかな~と。

しかし、これが大当たり。

短編5作なのですが、別に第一弾を読んでいなくても全く問題ないのです。どちらから読んでもOKな作品に感謝感謝です。

内容としては素直に面白いと思いました。
時代は明治時代なので時代背景にいまひとつピンとこないところもありますが、人物が中心になる内容なのでそこまで追求しなくてもいいかな~。
それぞれの人物が非常に個性的で退屈しません。

このシリーズの中心的人物が心優しき雑誌記者である里見高広と超絶美形絵師の有村礼なのですが、この二人の関係がホームズ&ワトソンとなります。
ただし、ワトソン(礼)の方がホームズ(高広)より偉いという関係(笑)
ホームズに推理を押し迫るワトソンという設定がに笑える。

殺人事件などおどろおどろしい事件ではないけれど、ちょっと不可思議な謎を解き明かすミステリです。一部、殺人事件に近い事件もあるけれど…。

人と人が絡み合う、それゆえに喜びもあれば争いもあるし、欲も出れば優しさも生まれる…そんな日常の中に、ぽっと飛び出た謎。そんなところでしょうか。

収録作品
「世界記憶コンクール」
「氷のような女」
「黄金の日々」
「生人形の涙」
「月と竹の物語」

個人的には「生人形の涙」が好きです。ちょっと泣けた。
どの作品も世の中きれいごとでは済まない。人間の欲望や身勝手さといった、ちょっとつらいところもありますが、それを覆すきれいな心と言うモノが必ずあります。
他の作品もも読みたいと思いました。

さて、第一弾は返却されたかしら(笑)?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。