スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の物語

月の物語 (広済堂文庫―異形コレクション)月の物語 (広済堂文庫―異形コレクション)
(1998/12)
井上 雅彦

商品詳細を見る


ある時は蒼く、またある時は紅く、
常に姿を変えながら、潮の満ち引きから、
妖精の飛翔まで、
ゆるぎない影響を与えてきた魅惑の衛星。



異形コレクションシリーズ第8弾。
ホラーにとって月はなくてはならないモチーフです。
夜の支配者。
怪物たちの憩いの光。
どんなに明るくても熱はなく、照らし出しても昼とは表情の違う世界を見せてくれる。

異形を愛するいろいろな作家たちが、様々な「月」を描き、なかなか秀逸な作品が揃っています。

個人的に心に残った作品
「月見れば―」 草上 仁…「丸いもの」を見ることを極端に恐れる彼。それを不思議に思う彼女。
その理由はベタな展開ではなく、意外に満ちたものでした。いわゆる「恐怖症」の類だと勘違いしてはいけません。そして、それを克服させようと画策することは…ある意味、迷惑行為になるのでやめましょう(苦笑)

「Killing MOON」ヒロモト森一…マンガ作品です。「月」とくれば王道の「人狼」なのですが、この作品に登場するのは少女の人狼です。
設定が少し変わっていて面白かったです。

「月の上の小さな魔女」青山智樹…近未来、人類が月に移住している話です。当然、月にうさぎもいなければ、かぐや姫もいない。伝説は失われ、現実だけが横たわっている月なのですが、ほんの少しだけまだ残っていたファンタジー…オチの一文に苦笑しました。

「シズカの海」北野勇作…人類が初めて月面に着陸した日。これは後々にいろいろと検証されたり、映画になったりする一大イベントでした。
この作品でもそれが扱われているのですが、直接名称は出てきませんが、非常に有名なある作品のオマージュになっていたところがびっくりしました。


ホラーの宝庫ではあっても、やはり「月」は美しいと個人的には思います。
異形コレクションの常連である菊池秀行氏が「エイリアンシリーズ」でこの月をとんでもないものに設定してくれた作品が記憶に残ってますね。
常に「女性」に例えられる月ですが、日本古来の神道で月の神の名は「月読」で男神なんですよね。太陽神「天照」の弟という立場です。
西洋と逆転してるのが面白いな~と思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。