スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖ー栞子さんと奇妙な客人たち

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


これは古書と秘密の物語。


鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」に持ち込まれるいわくつきの古書にまつわる謎と秘密を、古書堂の主である栞子がまるで見てきたかのように解き明かしていく…。

何で見たのかは忘れましたが、記憶の隅にこの本の存在はありました。
例のごとく図書館で物色していた時に、特設コーナーにあったのを見て借りて読んでみました。
こういう謎解きもあっていいかな~と思います。

謎解きと言うと最初に思い浮かべるのが「殺人事件」で、次は「宝探し」や「暗号」などになってしまうのですが、最初から3つの事件まではそんなことはない…古書が持っていた「秘密」を解き明かすだけです。

うん、最初の3つね(笑)

最後の事件だけは命の危険が伴いました。
でも最初の3つもこの事件にちゃんと繋がっているというか、伏線がしっかり貼られているので面白かったです。
冒頭から古書堂の主である女性が入院しているという件で、何で入院しているの?と思っていたのですが、それが明らかになるのが3つ目の事件が終わった時でした。

そして4つ目の事件に繋がっていくのですが、なぜそんな事件が起きたのか。
普通の人間、私みたいに本は読むだけで「古書」に興味のない人間にとっては分かりにくいです。それを前の3つの事件で予備知識というか、「古書」というものと「収集家」というものを説明して、一冊の本が人の人生を左右することもあるということを知った上で入るので、なかなか良かった。

設定が「本を読みたいけれど読めない」主人公と「人と接するのが恐ろしく苦手だけど本の話になると夢中になる」女性というのがいいかな。
シリーズ化しているけれど、続編が図書館で見当たりません……貸出中なのか未入荷なのか。
頼んでみようかな。

かつて「日本探偵小説全集」を入れて貰えたので、これなら簡単にいれてくれそう。
ちなみにこの全集…今は閉架書庫にあります(苦笑)
面白かったのに…人気ないのか??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。