スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵略!

異形コレクションの第二巻です。
テーマはそのまま「侵略」ですが、一体「何の」侵略かは作家の自由です。このあたりがアンソロジーの「楽しさ」だと思いますね。すぐに連想するのは「異星人」「異世界」からの侵略ですが、実に奥が深い侵略もありました。
ホラーというよりはSFに近いかもしれませんが、広義のホラーなので問題なしでw

個人的にツボに入った作品w

「命の武器」草上 仁…定番の「異星人」の侵略ですが、わずか30ページ以内で書き切った作者に脱帽です。紹介の欄にこのアイデアならばハリウッドの某有名監督は数時間の超大作にするとありますが、本当にそう思いました。
短編のアイデアにはもったいないくらい…でも短編だから凝縮されて強烈な輝きを放つ作品になったとも言えるかな。
本当にこれは素晴らしい作品だと思います。

「彼らの匂い」大場 惑…これも定番ですが、すでに侵略されており「彼ら」を見分ける方法に着眼点を置いています。その唯一の方法を可能とする主人公が、実に普通のサラリーマンなのでアクションシーンはありません(苦笑)
この作品を読んでいるとき、「ゼイリブ」という映画を思い出しましたが、あれよりもずっとブラックなオチだと思いました。

「子供の領分」菅 浩江…何の侵略かは読んだ人間にしか分かりません。始めは定番ものかなと思ったのですが、最後まで読んで泣けてきました。涙腺弱いので、結構泣きます。
しかし、この作品では何に対して泣きたくなったのか。主人公の思いにリンクしたのかな。淡々と進められる話の中で、主人公の心の軋みが分かって鼻の奥がツンとなりました。

個人的に忘れられない作品を上げましたが、実はこのシリーズに興味を持った同僚に貸したことがあります。彼女はどれくらいまで読んだかな…ほぼ貸したと思います。
作品の好き嫌いはあるだろうと思いましたが、それ以上にとらえ方の違いというか深読みの違いというか、全く異なった感想があって面白かったですね。
「そう、きたか」と驚くこともあって、こっちの方が楽しかったかもしれません(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。