スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・生き方術 俯瞰力 続・断捨離

新・生き方術 俯瞰力 続・断捨離

新・生き方術 俯瞰力 続・断捨離

著作者:やました ひでこ

出版社:マガジンハウス

価 格:1,260 円

すでにテレビでも雑誌でも紹介されているので、ご存じの方も多いでしょう。

「断捨離」

現在、実行中でありますw
しかし、私が「収納」よりも「捨てる」というシンプルで確実な方法に向き合うきっかけとなったのは…やましたひでこさんの唱える「断捨離」ではなかったんですよ。
全く別人の方が書いた本を読んで、散らかった部屋を片付け始めたんですね。

とにかく私は掃除が苦手というか嫌いで…部屋の掃除なんてあまりにしないので、母に怒られたくらいでした。散らかった部屋で大丈夫か、と問われると「嫌だ」と答えますが…とにかく掃除には腰が重く、やったとしても一時的に物をどかして掃除機かけておしまいという程度のものでした。

昨年の10月頃か、図書館で片づけ術の本を借りたのが始まりです。
それまで整理整頓や収納の本を読んでは、なかなかできないとグダグダだった私に「喝!」を入れてくれたのは「使っていない無駄なものは捨てる」という言葉でした。
その後、ついでとばかりに「老前整理」なる本を読んで、さらに「喝!」が入りました。
とどめは「孤独死」の本でしたね〜〜。

ゴミに埋もれて死にたくないし、死んだ後に迷惑をかけたくない…。

40代を目前に控えて、ようやく悟りました。
ちなみに「孤独死」「孤立死」は年老いてからやってくるものではなく、誰にでも起きうることなのですよ。ちょっと怖い。

現在は実家暮らしですが、近いうちに一人暮らしをすると決定したので、自分の持ち物を全部処分してから出て行こうと決意しました。
残して行っても親の迷惑になりますので。

そんな感じで片づけをしているのですが、モチベーションを保つために、元祖ともいうべき「断捨離」の本を読もうと思ったわけです。
この本はタイトルそのままで片づけ術から得られる生き方・考え方を書いています。
まず「片づけ」ありきですね。

内容は奥が深いです。
目を背けがちな部分を指摘して、それにどう対応したら良いか。
ついつい言い訳をする自分の心の奥底にはどんな本音が隠されているか。
自分に向き合うことによって得られるものは何か。

気持ちを改めて片づけに励みたいと思いました…。
それにしても「モノが多すぎる」ということがどれだけ自分にとってマイナス要素かよくわかりましたよ(苦笑)
物が少なくなって、まず思ったのは「部屋で寛げる」→「この状態をキープしたい」→「掃除する」→「以前より格段に掃除するのが楽になった」→「マメに掃除するようになった」→「部屋のきれいが続く」→「部屋で寛げる」→…かなり気分がいいです。
一度思い切ってモノを少なくしたおかげで、多少のさぼり程度では部屋が散らかりません。

無理しなくてもきれいな状態が保てるので、自然とちょこちょこ掃除するようになりました。そのちょこちょこ掃除がまた部屋の散らかりを防ぐという、今更気が付くなよ、という状態に驚く自分は一体何なのか(笑)

このまま頑張って部屋の片づけを続けたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。