スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏は主を選ばない

烏は主を選ばない
烏は主を選ばない烏は主を選ばない
(2013/07/10)
阿部 智里

商品詳細を見る



<あらすじ>
八咫烏が住む世界。
金烏であるとして、兄皇子を廃して、弟皇子が日嗣の皇子として冊立された。しかし、その皇子は破天荒でうつけ者として周囲から嘲笑される。
そんな若宮の世話係りに望みもしないのに抜擢されてしまった雪哉。
予想もつかない若宮の言動に振り回されながら、雪哉は宮廷の陰謀に巻き込まれてしまう…。



<感想> ネタバレあり
当ブログで紹介した「烏に単は似合わない」の続編というか…同時間軸の若宮サイドのお話です。
前作の方は、若宮のお妃候補として四人の姫君が桜花宮に上がり、一向に現れない若宮に焦れながら、互いの動向を探りつつ、ちょっとした事件が起こり、そして最後は急転直下の大どんでん返しという荒業を披露してくれた「第十九回松本清張賞受賞作品」です。
詳しくはそのブログを読んで下さい…思いっきり批判してますが(笑)


今回の本は図書館で偶然に見かけました。
よもや続編があるとは思わなかった(笑)
本当に一体、どうやればあの話の続編なんてできるんだ?と正直、作者と出版社の意図を疑いました。

続編ではなかった。

あの前作で、最後の最後で全てのフラグを回収した若宮の話…しかも内容は「あの時、若宮は実はこんなに大変だったんですよ~~」という作者のフォローですね。
しかし、若宮視点ではなく、あくまでも若宮に強制的に従者にされてしまった雪哉の視点です。

前作のアレがあるので、ある程度の期待はありましたが…やはり前作ほどのインパクトはなかったかな。
それでも、何というか……作者は「押し付けがましい一方的な善意」というものが好きですね(苦笑)

どっちだろう?とずっと見てましたが、最後の最後での黒幕の独り善がりは前作同様に腹黒大魔神降臨なのでしょうけれど、やっぱり前作の姫の方が腹黒さは数段上ですねぇ……。
あの姫がその後、どうなったのか…まぁ、当人は悪気なしですからこれからものほほんと暮らしていくでしょうけど、その方が気になる(苦笑)
むしろ今作の黒幕の方が小物に見えるよw

小物と言えば、前作に引き続き、若宮の父ちゃん…一応、今上(現在の帝)は本当にダメ男の見本ですね~。
臣下にも、正妻にも、息子二人にも見向きもされないってwwww
ここまで貶める必要あるのかなぁって、むしろ不憫に思うよ。


そして、ここからネタバレです。



































今回の主人公は雪哉なのでしょう。
一応、彼の視点なので…前作はこの「視点」で大どんでん返しが起きたんですけどね(笑)
まぁ、二番煎じはあり得ないので、腹黒大魔神は雪哉ではありませんでした。

ん~~~でも、やっぱり作者は「読者に予想も出来ない衝撃の事実!」ってのをやりたかったんでしょうか。
ここは作者の意図と読者の求めるものが食い違う場合があるので、分かりませんが……私にはやはり理解できなかった。
まぁ、若宮と雪哉の境遇が実に似ているという部分を作りたかったのかな?

雪哉も三人兄弟の次男で、地元では有名な「ダメな次男坊」を「演じてた」んですから。
若宮の場合は、宮中のしきたりなどに従わない・自由気まま・信用できるものを選別するための無理難題などでうつけ者としてレッテルを貼られていたけれど、雪哉は完璧に演じてましたねぇ。
それを見破って、若宮が雪哉をただの従者から側近にしたいと願ったけれど……ここで雪哉は拒絶するんですよね。


ごめん、この展開がマジで理解できなかった…。


これは致命的なんだな。
恐らく作者がこのシーンに力を入れていたはずだから…。

いろいろな誤解などがあって、一度は裏切られたと勘違いした雪哉が、若宮の置かれている状況に気が付き、何よりも「好きになっている」自分に気が付く。
王道パターンなら雪哉が若宮の側近になる…そのはずだと読者は思う。
だが、作者はここで敢えて、「僕の知らないところで勝手に死んでください」と雪哉に若宮を完全拒否させるというラストにした。


王道を外すのはいいけれど、だめだ、肝心の雪哉の胸中が分からない!!
何度、読み返してもこの拒絶に至る彼の思考が分からない!
これが分からないと、この物語は不完全燃焼に終わります(泣)

設定そのものは私の好みなのですが、どうしても感情移入までいかないんですよね…。
これはもう作者との相性の問題かなぁ…。

次回作…この話の続きとなると…やっぱりどうするの?と思ってしまいますが、見つけたら好奇心で読むと思います(笑)



よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト
プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。