スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫の薔薇あるいは時間飛行

黒猫の薔薇あるいは時間飛行

黒猫の薔薇あるいは時間飛行黒猫の薔薇あるいは時間飛行
(2012/12/07)
森 晶麿

商品詳細を見る


<STORY>
黒猫の渡仏から半年が経った。
付き人はポオをテーマに博士論文に挑むが、つい黒猫のことを思い出してしまう。彼の贈り物から一時は互いの気持ちが同じではないかと思い、落ち着いた心も半年経ち、素っ気ないやり取りに再び揺れ動いてしまう。
そんな時、作家「綿谷埜枝(わたやのえ)」のデビュー作にポオの「アッシャー家の崩壊」の構造を見出す。
その小説を研究するには、原作者が体験した「一晩で消えた薔薇」の謎を解く必要があるらしい。

一方、パリで研究を始めた黒猫は恩師の孫娘マチルドから、ある音楽家の音色が変わった原因について相談される。
その音楽家の住む庭は天井庭園に造られ、ある時間になるとひとりの男性が庭の中央で両手を広げて佇むという不思議で儀式めいたことがなされていた。

日本とパリでそれぞれ謎を解くふたり。
しかし、隣りを歩くのはいつもの空いてではなかった。


<感想>
黒猫シリーズの第三弾です。
相変わらず安定した「美学論」が展開されます。前二作の感想でも書きましたが、本当に好き嫌いがはっきり出るところでしょうね。
これが嫌いならどうにもならない(笑)
私はこの手のものは全く触れないで来ましたが、作品で読むのは苦ではありません。しかし完全に理解できるかというと、無理ですね(笑)
馴染みのない人物名や理論などがバシバシ出ますので、そのあたりはスルーしないと…。

主人公の二人である「黒猫」と「付き人」だけが名前出ません。
本当はあり得ないのだけど、それでも物語はちゃんと形を成しているので、特徴のひとつですねぇ。

今回も長編です。第一作目は短編集で第二作目から長編作品でした。
前作は「殺人事件」が絡み、少しドロドロしたものがありましたが……今回はそういったものはないのですが、どことなく「切なさ」が滲んでます。

「すれ違い」「ボタンの掛け違い」そんな表現が似合う事象がきっかけになって、今回の謎を構成していくんですね。

日本とパリで黒猫と付き人は謎を解いていくのだけど、互いへの連絡の取り合いは一切なく、それぞれが単独で行動します。
しかし、微妙に謎はリンクしているのが最後に分かるのですが…何と言ったらいいのか。
ネタバレにはならないと思うので、正直な感想を一言。

黒猫は見事に謎を解きましたが、付き人は完全に外したと思います(笑)

最後の答え合わせ?で黒猫が展開した謎解きで判明しますが、「一晩で消えた薔薇」の謎は正解し、きっかけのデビュー作にまつわる論文まではぎりぎり良くても、人物が人違いだったのは痛いような…まぁ、いいのか。
付き人だし(笑)

今回のメインはおそらく「黒猫への恋から逃げないと決めた付き人」だと思います。黒猫の方は……完璧なツンデレタイプなので、読者から見れば好きなんだろうね、って分かりますけどね。
ただ、本作に登場したマチルド嬢の存在が問題になるんでしょう。
付き人の嫉妬とか不安とかそんなもののために登場した、非常に良く似た傾向のお嬢さんなのでw

あ~~でも、第四作目…出るんだろうか?(←失礼な!)


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト
プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。