スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明短編集

独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 短編集

著者:平山夢明 光文社

Amazonで検索しましたが、商品情報出ませんでした。
以前使っていたブログにも読書記録が少しあったので、そちらを閉鎖する前に移そうと思います。
この読書感想は2007年の記録です。


<感想>

題名だけだと「何なんだ?」と思われる本である。
しかし、内容も「だから何なんだ~!!」と叫びたくなる事、必至である(笑)

ホラーアンソロジー「異形コレクション」でもお馴染みになりつつある作家なのですが、実はすでに十年以上前にこの作家の本を読んでいました。
ノンフィクションに分類される「異常快楽殺人」がそれです。
現実に存在した殺人鬼たちを書いた本で、ある意味この本が私がこっちに興味を覚えるきっかけとなったのかもしれません。

今回の短編集は異形コレクションで掲載されたものもあれば、他の雑誌や企画などで執筆されたものもありました。
アマゾンかヤフーで既読者のレビューを読んでこの本の発刊を知り、とりあえず読んでみようと、図書館で借りてみたのですが………これは思いっきり好き嫌いが分かれる作品ですわ(笑)
もともと「ホラー」ってどこに恐怖を持ってくるかでかなり変わりますからねぇ。

ちなみに私は気に入りました(笑)
以下は収録作品の感想です。


C10H14N2(ニコチン)と少年――乞食と老婆 水木しげる監修「妖かしの宴3 御伽草子」初出
「御伽草子」がテーマなのだろうか、文章がそれっぽく書かれています。
問題は少年と乞食が登場するのですが、ニコチンと老婆はどこに関係しているのか…という実に単純な疑問が出てきた事でしょうか。
どうでもいいんですがね(笑)
淡々と綴られる主人公「たろう」の物語なのですが、とにかくサバサバした文章にどぎつい内容のミスマッチさが薄気味悪い世界を演出しています。
きれいな水が徐々に毒に冒されていくような感じですね。
でも人間の中にある「優しさに隠れた残酷さ」が妙にひしひしと伝わってきました。
そうなんです。
人間は「戦争反対。いじめは最低だ」と言いながら、嫌いな人間に対しては徹底的に嫌がらせをする生き物なのです。そして、それを指摘されれば「だってその人が悪いじゃん。私は間違っていない」と当然のように言い切る生き物なのです。
……過去の嫌な記憶が甦った作品でした。



Ω(オメガ)の聖餐 井上雅彦監修「異形コレクション 世紀末大サーカス」初出
はっきり言ってグロイ。
何がグロイって問われれば、内容そのものから腐臭が漂うと答えます。
テーマが「サーカス」だけではなく「世紀末」が付くのだから、サーカスの現実とは違う妖しさが加わり、さらに世紀末から終末思想を連想させるところがこの「破滅主義」的な結末を生んだのか。
一種のフリークショーを見ているような錯覚を覚えます。
一応の注意事項として食前には読まない方が無難な作品かな。



無垢の祈り 「問題小説 1999年3月号」初出
いじめに関して言えば、周囲の人間すべてが敵に回ったような絶望を感じるとしか言いようがありません。
主人公の少女が助けを求めたのが、父や母でもなく、先生でもなく、友人でもなく、警察などの社会でもなく、姿を隠した殺人鬼だったのは少女の中に巣食った絶望のせいなのかも。
人を残酷な方法で殺している殺人鬼よりも、少女に冷たい仕打ちを与える親や友人の方がはるかに残酷で怖い存在だと思わせるような話でした。
よくある話と言われればそれまでだけどさ。


オペラントの肖像 井上雅彦監修「異形コレクション アート偏愛」初出
世界観が面白かった。
かつてイタリアでサヴォナローラだったかな、実在した僧侶が打ち出した政策がそのまま実現した近未来の話です。すなわち、「芸術(アート)は人を堕落させる」…。
サヴォナローラは一般市民が持っていた「実利にならない」絵画や彫像、装飾品などを取り上げて焼き払ったと言います。
最初は彼の清貧さを支持していた民衆はやがて彼のやり方に反発し、結局サヴォナローラは失脚する訳ですが…この世界では「芸術」は徹底して否定されていますね。
主人公の純粋な思いが結局、自身を破滅させる結果となるのですが、最後の一文がものすごく重い…。怖いというより悲しい話でした。


卵男(エッグマン) 井上雅彦監修「異形コレクション ロボットの夜」初出
この作品を読む前に、殺人鬼ハンニバル・レクター博士の登場する有名な映画「羊たちの沈黙」を見ていない人は見ましょう(笑)
絶対にその方がこの作品は面白くなります。
レビューで「<羊たちの沈黙>のパクリじゃん」と書いてあったのですが、それは筋違いというもの。作者は意図して「羊たちの沈黙」を真似たんですって。
だからこそ、最後のどんでん返しが面白いんじゃないかな。
私は素直に騙されました(笑)


すさまじき熱帯 「小説宝石 2003年6月号」初出
何が言いたいのか分からないぞ~と叫びたくなった作品。とにかくこれもグロイ話だった。こちらは作品から死臭腐臭が漂ってきます。
ただ、登場する「ドブロク」というキャラクターに声を当てるなら、ぜひ玄田哲章氏にやっていただきたいと思った。いい年した中年オヤジが「ダーリン~♪」っていきなりオカマになるシーンがインパクト強かったから(笑)


独白するユニバーサル横メルカトル 井上雅彦監修「異形コレクション 魔地図」初出
表題作ですが、この作品は「第59回日本推理作家協会賞」を受賞したそうです。
「ユニバーサル横メルカトル」という単語を見た時、さっぱり分からなかったんですが要は「地図の種類」なんですよね。
テーマが「魔地図」なので、この「ユニバーサル横メルカトル」さんが主人公なんですよ……ええ、地図が主人公です(笑)
素直に面白いと思った作品です。まさかこんな形で「地図」を捉えるとは思ってもみませんでした。
私は全く地図が読めない女なので、この主人公には嫌われるかもしれません…でも、性格が非常に紳士で真面目なので「仕方がないな」と思いつつも、面倒見てくれるかも。


怪物のような顔(フェース)の女と溶けた時計のような頭(おつむ)の男 井上雅彦監修「異形コレクション 夢魔」初出
一番難解な作品でした。
世界観がいまひとつ掴み切れなかった……近未来なのか現代なのかすら分からなかった。
主人公の男が従事している職務も一応は分かるんだけれども…前述の「オペラント」のように「どうしてそんな職務が必要なのか」という理由がなかったので、微妙に把握し切れない。
拷問描写が延々と続くので、暴力シーンが苦手な人は要注意かな。
ただ、この後「異形コレクション 蒐集家(コレクター)」で似たような作品があるんですよ…この作品で拷問が満足に書けなかったから、改めて気合い入れて書いたなんて言うんじゃなかろうか(笑)

よろしければポチッと。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト

告白

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」

何と言ってもこのセリフからすべてが始まりますね。

ジャンルを「ホラー」にしたのは正直に「怖い」と思ったからです。
作品は「映画化」された時にその存在を知りました。そして内容も「映画のCM」で知り、興味は持っていたのですがまだ見ていません。

図書館に行った時に、ちょうど「返却コーナー」にあったのを見つけて借りてみました。

第一章から第六章まですべて「一人称」で書かれているとは思っていませんでした。これをよく映画化できたな~と本気で思います。
実際に原作を未読で、映画を見た同僚は「分かりにくかった」と言ってました。
原作を知っていれば分かりやすいのかな?

まぁ、映画は見るか迷っていますが、まずはこの作品の感想ですね。


作者、すげぇ!!


いや、マジで(苦笑)
「衝撃的なラスト」って言われても、意外と肩すかしも食らうのがこの煽り文句。
どちらかというと、私は「ラスト」よりも「全部の章」、一人一人の語り手たちの「告白」でひとつの事件の様々な形に衝撃を覚えました。

本当に振り回されました(苦笑)

私は単純なので、信じやすいし、感情移入もしやすいんです。だから、一人称なんて一番振り回される文章形態なんですよ。

文庫版では映画監督のインタビューが掲載されていて、そこで「嘘をついている」という言葉が本当に身に染みました。
三人称であれば、語り手は「作者」なので「嘘」はないです。
しかし、一人称は「作中の登場人物」なので……自分に都合の悪いことは隠したり、誤魔化したり、あるいは自己を良く見せたりするのは当然のこと。
当人は嘘をつくつもりではなかったのかもしれませんが、後に別の人物から語られることで、読み手には「嘘」として認識されることがいくつもありました。

騙されやすいなぁ、私(苦笑)

以下、ネタバレ含みますので注意してください。















冒頭に「怖い」と書きました。
何が怖かったかというと、まず四歳の少女を殺した犯人ふたりが「罪悪感」を全く覚えていなかったことに恐怖を感じました。
母親である教師・森口が警察にもマスコミにももらさずに取った復讐方法で、このふたりに制裁を加えるのは「その他の生徒」であるというのも。
教師だからこそ「子供の残酷性」というものをよく理解しているな~と。

ただ、本当に犯人ふたりは良心の呵責というものを全く感じてなかったのはすごい。
自滅に陥った犯人Bこと下村は、四歳の女の子を殺したことで復讐を受けることになってしまったのは理解しているけれど、子供に対しての申し訳なさはなかったんですよね。
あくまでも、学校でいじめに遭う自分、エイズになって死ぬ自分を想定して苦しんでいただけなのだから。

犯人Aこと渡辺も最初から最後まで後悔したことはなかったし、徹頭徹尾自分中心で終わってました。

このふたりの関する印象をうまくかき回してくれたのが、まず同級生である北原。
彼女の一人称が…渡辺の印象を少し良くしてしまった。これが後でしっかり否定されるのだけど、私は彼女の「嘘」が一番怖いと思った。

「中二病」

この言葉を知ったのはオンラインゲームをやった時でした。
芸人が作った言葉だそうですが、この作品ではこの「中二病」が満載でした(苦笑)

結局、北原も渡辺もこれだったんだなぁ…。

きっと私も中学生の時はこんな感じだったのだろう。だけど、もう大人になってその時のことは忘れてしまいました。
そんなものなんですよね(笑)


最後の「衝撃的なラスト」ですが、あれは本当に森口よくやった、と思いました。
ひとつは「何をどうやっても更生することのない犯人」を最後の最後でちゃんと復讐できましたね…って。
「この方法以外ない」という手段とタイミング。
あくまでも「自分と母親」以外のものを拒絶するというか、無視できる渡辺にとってこれ以上の復讐方法は本当にない。

自分を正当化して、多くの人間を巻き添えにして自殺して、母親に自分の存在を刻み付ける(…確実に昔のことは忘れていただろうな渡辺の母親)ことに失敗しただけでなく、また肝心の母親が先に死んでしまったので、今後もそれが出来ないという現実。
また、自分のしたことを知った母親が自分のことをどう思ったのかを永久に知ることも出来ない…渡辺が欲しがっていることだと知っているから絶対に森口は教えないと思う(苦笑)

さらに言うならば森口自身も本当に自分しか考えてないですしね…渡辺といい勝負じゃないかな。
巻き込まれた生徒たちはいい迷惑だし、最後は何人巻き添え食って死んだかな…。
渡辺は遺書と言う形でそれなりの自分の告白をしたけれど、森口はしてませんからね。
「自分が悲劇の主人公」と渡辺をバカにしていたけれど、ある意味「復讐」は独り善がりの悲劇の主人公がやることなので、その辺はどうだったんだろうか?

救いようのない、解決のないばっさりとした終わり方ではあるけれど、まぁ確実に森口の復讐だけは完遂出来たと思います。

ま、これも騙されているかもしれませんが(笑)

渡辺の母親じゃないですが、森口だって案外この何年か後には再婚して第二の人生を歩んでいたとなってもおかしくない。


全編を通して感じたのは「これが現実なんだよな」と。
要は「激しく良心の呵責に悩む」とか「憎しみを乗り越えて許す」とか「罪を犯した我が子を受け入れる」とか「自分の愛する者を失ったことで初めて自分のしたことを理解する」とかそんなキレイごとはあり得ない…自分を含めて、やっぱり人は夢見ちゃうんだなって、そう思いました。

読後感が悪いけど、読んで良かった。

怪談

「怪談」 著者:柳 広司

小泉八雲ことラフカディオ・ハーンが書いた「怪談」を現代風にアレンジしたもの。
「雪女」や「ろくろ首」「むじな」などお馴染みの話をいかに料理しているかがこの作品の醍醐味だと思う。

「雪女」「鏡と鐘」「耳なし芳一」は面白かった。

「食人鬼」はとある美食家クラブのシェフが自殺することで、メンバーがあまりにも希少な動物を食べていたことが発覚。
メンバーリストには現役の政治家や芸能人の名前が羅列してあったため、警察の捜査は難航…しかし、そのシェフの出入りしていた冷凍コンテナが見つかり、そこに保存されている食料から「ヒト」というラベルが貼られたものが発見された…そこまでは非常に緊迫感があって良かったんだけど…予想よりも浅いところでオチがついてしまった。

「むじな」はネタもオチも最初から分かってしまったので残念。

「雪女」のオチは逆転が利いていて面白かったけれど、「鏡と鐘」は少々引っ張り過ぎた感じが否めない。凝り過ぎたためにかえって恐怖がなくなってしまった。ネタはすごい良かったんだけどね。

異形博覧会 著作:井上雅彦 角川ホラー文庫

ホラー小説にはまったきっかけをくれた小説です。
短編&超短編23作品が収録されていますが、ホラー入門には短編からの方が入りやすいですね。また、変な長編よりは短編の方が面白い作品が多いと思います…あくまで私個人の意見です。
幽霊、屍肉を貪る鬼、怪物、殺人鬼、異形のモノ…伝説、近未来、幻想、異世界…様々なものが、様々な世界で繰り広げる物語は非常に多種多様で不可解な謎や恐怖を楽しめます。
短編なので飽きがこない(苦笑)
ホラーと言っても広義な意味でのホラーなので、ファンタジーやSF要素の方が強い作品や、超短編にもなると言葉遊びめいた作品もあります。

印象に残った作品
「エイプリル・グール」…途中まで予想していたオチが全く違って、ホラー小説にふさわしいどんでん返しでした(苦笑)死体を食らう異形(グール)が登場しますが、それが何者なのか、完全に騙されました。

「よけいなものが」…言葉遊びの超短編で、何が「よけいなもの」なのか。読んでいる内にあれれ?とキツネに騙された様相を呈します。

「魔女の巣箱」…化け物?がじわじわ近付いてくる描写とそれから逃れられるかという緊迫感でドキドキしました。ホラーの王道かな?

文庫本としては分厚いですが、短編集なので読むのに辛くないです(笑)
これに引き続き「恐怖館主人」「怪物展覧会」という短編集にも手を出し、ホラー小説への熱はさらに高まりました。
それから著者が監修しているホラーアンソロジー「異形コレクション」というシリーズがあるのですが、様々な作家たちがひとつのテーマに沿って渾身のホラー短編で競演(狂宴?)しています。
一気に集めて一気に読み耽ってしまいました(苦笑)
少しずつ感想をアップいきたいと思います。
もともとホラー系は小学生時代から好きでした…ただし漫画&アニメのみ(苦笑)
映像特に実写映画は興味はあっても怖くてなかなか見る事が出来ないという、何ともおかしなホラー好きでした。
大人になって「悪魔のいけにえ」「13日の金曜日」は見たのですが、「エクソシスト」はまだです。
「呪怨」「着信アリ」「パラサイト・イブ」「ソウ」は小説の方で読みました。映像では絶対に見ないと思います(笑)
プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。