スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのかわいい病原体

ぼくのかわいい病原体 ‐ライトノベルでざっくり学べる感染病原体入門‐

ぼくのかわいい病原体ぼくのかわいい病原体
(2011/06/01)
夏 緑

商品詳細を見る


<STORY>
医科大学生・白兎は感染症関連に進みたいと願い、自宅で顕微鏡を覗き込み、細菌などを観察するのが趣味だった。しかし、ある日突然細菌やウイルスなどが擬人化して見えるようになってしまう!
しかも、なぜか「かわいい妖精のような女の子」!
動くし、話すし、確かに可愛いのだけど…細菌やウイルスなので中には危険なものも存在する。
同じ学科の女子学生・琉子も巻き込んで、白兎の面白いけれど危険な感染病原体ライフが始まった。

<感想>
笑っていいですか?

笑っていいですよね?

笑うしかないから!!

大腸菌とか黄色ブドウ球菌、アデノウイルスや白癬菌などが、いわゆる「萌えキャラ」に見えてしまうという妙な力を得てしまった微生物学好きな医科大生のお話です(笑)

ジャンルを「マニアック」にしようか迷いましたが、食中毒の詳しい原因や怖い病原体でも、どうやれば効果的に防げるか、あるいは病院で貰う「抗生物質」をどうして決められた用量・用法できちんと飲まないといけないのか、などなど結構ためになることが書いてあるので「雑学系」にしました。

細菌やウイルスの特徴や弱点なども、ちゃんと書いてあるので「ざっくり学ぶ」にはいいですよ。

図書館でも「医学・衛生」の特設コーナーに置いてありました。
「食中毒」や「プールなどで感染する病気」など気になる季節ですからw

大学時代に「微生物学」「臨床微生物学」「寄生虫学」は好きな科目でした。
懐かしい名前がいろいろ出てきました……。

大腸菌:Escherichia coli(和名:学名)
通性嫌気性のグラム陰性桿菌。恒温動物の消化管に常在する。菌毒素生産株で有名なのはO-157。
テストでは和名だけではなく、学名の正確なスペルと読み方まで必要なので大変でした(苦笑)
ちなみに私は大腸菌は「エシェリキア・コリ」と覚えました。この本では「エシュリシア・コーライ」になってますね。
「萌えキャラ」としての大腸菌は「エシュリー」という愛称でツンデレタイプに擬人化されてます(笑)
「動物のお医者さん」という獣医学生の日常を描いた漫画では、私の覚えた方の発音で「コリ」→「コリー」→「コリー犬と言えば~」という連想で大腸菌の愛称が「ラッシー」でした。

他にも黄色ブドウ球菌が「スタフィロコッカス・アウレウス」なので「スタフィー」とか、コレラ菌「ビブリオ・コレラ」は「レラ」とか…まぁ、可愛くしてあります。


名前だけではなく、外見的特徴も細胞壁をもっている細菌は服を、ウイルスで外膜(エンベロープ)を持っていない子は下着姿で、持っているものはマント着用、また特徴的な鞭毛はポニーテールなどで表現するなど芸が細かいです(苦笑)

まぁ、あくまでも「ざっくり学ぶ」が目的です。
全く知識なしの人でも楽しく読めるのですは?と思いました。
知識のある人は……笑って下さい(笑)


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産

荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産
(2001/11/26)
荒俣 宏

商品詳細を見る


20世紀は都市文明や科学技術が大きく進歩した時代だったが、同時に人々が壮大な「夢」や「幻」を見た時代でもあった…。


図書館で借りました。
まぁ、あまり今は「本」を買っていません。もし買うとしても、古本屋で購入か、ブックバーゲンで面白そうな本を買うのが多いですね。
「名探偵コナン」だけは集めてますが(笑)
本の情報が極端に少ないので、図書館に行って「新刊コーナー」や「特設コーナー」を見てから、棚を見て回って面白そうな本を借りるのが主流です。

この本は人気のない奥の棚にありました(笑)

ジャンルが良くわからないのですが、その棚には「雑学系」の本が並んでいましたね。
「世界の七不思議」など子供のころから大好きで、小学生向けのその手の本や特番をよく読みました。
「ヒマラヤの雪男」「ネス湖のネッシー」「ピラミッド」「ナスカの地上絵」「水晶のドクロ」「バベルの塔」「バビロンの空中庭園」など、誰でも一度は聞いたことがある有名なアレです。

ネッシーは写真を撮った人かな?死ぬ前に「あれは嘘でした」と告白した記事を新聞で見ましたが、中には「謎は謎のままで言わないで欲しかった」という人もいるそうですね。
まぁ、いるのいないので大人(知識人と呼ばれる方々)が子供のケンカのような言い合いするくらいですからね。
面白いと言えば面白いけど、見苦しいと感じる方が強いです。

この本はそういったミステリアスな謎をこよなく愛している作者が、21世紀に伝えたいと思った数々が掲載されています。
謎ではなく、実は「嘘」でしたというものもありますし、依然として解明されていないものもあります。

読んでいると、まぁいろいろと出るわ出るわの大騒ぎ(笑)

「ヒマラヤの雪男」には東大雪男探検隊なんて本気で現地に調査しに行ってるし、「ネス湖のネッシー」には現在日本で80歳で国政に復帰すると宣言した東京元都知事が参議院議員時代に同行してました!(爆笑)

また「ピルトダウン人の化石」事件は人類の歴史をひっくり返すような詐欺事件だったし、「コティングレーの妖精写真」事件はあのコナン・ドイルまで巻き込まれた嘘でした。
この二つは真相を知ってましたが、当時は本気で信じられた事件だけあって、巻き込まれた人は本当に気の毒です。

今でも「心霊現象」や「UFO」は肯定派と否定派で、論争には程遠い子供のケンカが起きますが、こうやって一冊の本に並べてみると、いかに人間は「謎」や「不可思議なモノ」が好きなのか分かりますね。

個人的には「心霊」や「UFO」は信じています。
否定派の主張する「物的証拠がない=存在しない」は極論過ぎてはいないか?と思います。それに、何でそこまで存在を否定しなければいけないのか分かりません。
自分が信じないモノを誰かが信じているのが気に入らない…そんな感じなんですよね。
実際にテレビで組まれる特集は存在するのかしないのかが目的ではなく、肯定派と否定派のケンカが面白いからやっているものですので、最近は見ていません。

存在しても私個人は別に問題ないし、元からこういった話は好きなので(笑)
プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。