スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫の薔薇あるいは時間飛行

黒猫の薔薇あるいは時間飛行

黒猫の薔薇あるいは時間飛行黒猫の薔薇あるいは時間飛行
(2012/12/07)
森 晶麿

商品詳細を見る


<STORY>
黒猫の渡仏から半年が経った。
付き人はポオをテーマに博士論文に挑むが、つい黒猫のことを思い出してしまう。彼の贈り物から一時は互いの気持ちが同じではないかと思い、落ち着いた心も半年経ち、素っ気ないやり取りに再び揺れ動いてしまう。
そんな時、作家「綿谷埜枝(わたやのえ)」のデビュー作にポオの「アッシャー家の崩壊」の構造を見出す。
その小説を研究するには、原作者が体験した「一晩で消えた薔薇」の謎を解く必要があるらしい。

一方、パリで研究を始めた黒猫は恩師の孫娘マチルドから、ある音楽家の音色が変わった原因について相談される。
その音楽家の住む庭は天井庭園に造られ、ある時間になるとひとりの男性が庭の中央で両手を広げて佇むという不思議で儀式めいたことがなされていた。

日本とパリでそれぞれ謎を解くふたり。
しかし、隣りを歩くのはいつもの空いてではなかった。


<感想>
黒猫シリーズの第三弾です。
相変わらず安定した「美学論」が展開されます。前二作の感想でも書きましたが、本当に好き嫌いがはっきり出るところでしょうね。
これが嫌いならどうにもならない(笑)
私はこの手のものは全く触れないで来ましたが、作品で読むのは苦ではありません。しかし完全に理解できるかというと、無理ですね(笑)
馴染みのない人物名や理論などがバシバシ出ますので、そのあたりはスルーしないと…。

主人公の二人である「黒猫」と「付き人」だけが名前出ません。
本当はあり得ないのだけど、それでも物語はちゃんと形を成しているので、特徴のひとつですねぇ。

今回も長編です。第一作目は短編集で第二作目から長編作品でした。
前作は「殺人事件」が絡み、少しドロドロしたものがありましたが……今回はそういったものはないのですが、どことなく「切なさ」が滲んでます。

「すれ違い」「ボタンの掛け違い」そんな表現が似合う事象がきっかけになって、今回の謎を構成していくんですね。

日本とパリで黒猫と付き人は謎を解いていくのだけど、互いへの連絡の取り合いは一切なく、それぞれが単独で行動します。
しかし、微妙に謎はリンクしているのが最後に分かるのですが…何と言ったらいいのか。
ネタバレにはならないと思うので、正直な感想を一言。

黒猫は見事に謎を解きましたが、付き人は完全に外したと思います(笑)

最後の答え合わせ?で黒猫が展開した謎解きで判明しますが、「一晩で消えた薔薇」の謎は正解し、きっかけのデビュー作にまつわる論文まではぎりぎり良くても、人物が人違いだったのは痛いような…まぁ、いいのか。
付き人だし(笑)

今回のメインはおそらく「黒猫への恋から逃げないと決めた付き人」だと思います。黒猫の方は……完璧なツンデレタイプなので、読者から見れば好きなんだろうね、って分かりますけどね。
ただ、本作に登場したマチルド嬢の存在が問題になるんでしょう。
付き人の嫉妬とか不安とかそんなもののために登場した、非常に良く似た傾向のお嬢さんなのでw

あ~~でも、第四作目…出るんだろうか?(←失礼な!)


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト

禅は急げ!

禅は急げ! 落護寺・雲水相談室事件簿

禅は急げ!   落護寺・雲水相談室事件簿禅は急げ! 落護寺・雲水相談室事件簿
(2012/09/01)
桂 美人

商品詳細を見る


<STORY>
歴史もあり、本山の裏に位置するために「裏本山」と称されたが、今はすっかり落ちぶれて何やら訳ありの修行僧が多い落護寺。
新米の僧侶である真実は、ある日お布施稼ぎ目的で苦し紛れに設立された「雲水相談室」の担当にされてしまう。
嫌々ながらも、相談者など来ないだろうと思いきや、どうにも一筋縄ではいかない難問を持ち込んでくる相談者に当たってしまう…。

<感想>
素直に言うならば面白かった!!!
タイトルからして「善は急げ」に引っかけてあるし、表紙のどう見ても「オネェ系」の僧侶が目を引くので、コメディ系かな?と思いましたが、当たらずとも遠からずでした(笑)

しかし、真面目に「禅僧」やその修行、組織、禅問答など出てきます。
そのため専門用語がビシバシ出てきますので、巻末付録と称して専門用語の解説が付いているという親切仕様でした(笑)読み方も最初に振り仮名ふってあります。

ジャンルを「ミステリ」にしてありますが、正直どのジャンルにすればいいか悩むところです。
「事件簿」……ええ、確かに「事件簿」なんですが、ミステリにおける事件というには……いささか方角が違う…かな?
いや、しかし、窃盗や放火の犯人捜しありましたねぇ。

まぁ、犯人捜しよりも、主人公・真実とそれを取り巻く個性派僧侶たちとのやり取り、そしてとんでもない相談者たちとの交流を楽しむ内容です。

禅寺らしい説法もありますが、押し付けがましくなく、偽善者っぽくなく、なかなか心温まるものだと思いました。
おススメです。

よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

九マイルは遠すぎる

九マイルは遠すぎる THE NINE MILE WALK
著者:ハリイ・ケメルマン

九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)
(1976/07)
ハリイ・ケメルマン

商品詳細を見る


<STORY>
「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない。まして雨の中ならなおさらだ」
語り手である「わたし」がニッキィ・ウェルト教授に提示したひとつの文章。それは教授はなにげないひとつの文章から一連の論理的な推論を導き出そうという提案に乗ってのことだった。
しかし、この短い文章だけを頼りに推論を展開した教授は、なんと前夜起きた殺人事件の真相を暴き出したのだった。

<感想>
久しぶりの更新です。
DVD鑑賞や映画はご無沙汰でしたが、実は読書だけは結構なペースで続いていました。ただブログにアップしてなかったw

さてさて、今回の読書記録ですがミステリマニアでは有名な作品です。ベストミステリには必ず挙がる名作です。
タイトルだけは知っていたのですが、この作品は海外作品の上に短編なのでなかなか本が見当たらなかったんですねー。
ようやく図書館で発見しました。
その前に有栖川有栖氏の短編集を読んだ時に、ちょうどこの「九マイルは遠すぎる」をモチーフにした作品を読んだので読みたくなったのも理由です。

しかし、読んで驚きました。

上記の短い文章から、見事な推論を展開していくんですよ。
作者であるケメルマンは上級英作文を教えている授業で、新聞の見出しにあったこの文章を試しに学生たちに提示し、同じように推論を求めたのですが、これがうまくいかなかった。
ところが当人の方はこの推論にどっぷりはまってしまい……何と14年後に納得のいく推論に達したそうです。

その推論がこの「九マイルは遠すぎる」だったそうです…凄いよ。

ミステリと一言でいっても、その中にあるジャンル?は様々で読者の方にも好き嫌いがあるでしょう。
この短編集ではトリックらしいトリックや、奇抜な殺人鬼などは登場しませんし、殺人現場にふさわしい?おどろおどろしい屋敷や、絶海の孤島などにも行きません。

作者も序文で語っていましたが、この手法で「長編」は不可能です。また殺人に至るまでの長い前振りや犯人による告白もいらないのです。
読者の目にも触れた情報だけで、推論を展開していき、真相をに至る。
これが、ケメルマンの作品の醍醐味でしょう。

そんなわけで、非常にシンプルで、それでいて内容の濃い「論理的な推論」を味わうにはこれ以上ない作品ですので、興味のある方でまだ未読の方はぜひどうぞw

表題作以外にも7作収録されています。


よろしければぽちっと♪ 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

スタイルズ荘の怪事件

スタイルズ荘の怪事件 The Mysterious Affair at Styles

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/10)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る


<STORY>
第一次世界大戦中に負傷しイギリスに帰還したヘイスティングズは、旧友ジョンの招きでスタイルズ荘を訪れる。ある夜、20歳年下の男と再婚したジョンの義母エミリーは突然発作を起こし、一時持ち直したが再び発作に襲われた彼女は息絶えてしまう。エミリーの死に疑問を抱いたヘイスティングズは、再会した旧友エルキュール・ポアロに事件の捜査を依頼する。


ご存じミステリの女王アガサ・クリスティのデビュー作であり、シャーロック・ホームズと並んで世界的に有名な名探偵エルキュール・ポワロの最初の事件です。

今さらなぜこの作品を読んだのか?

答えは簡単。
読んだ事がなかったからw

横溝正史全集とシャーロック・ホームズ以外はまばらなんですよね。
クリスティだけでなく江戸川乱歩もエラリィ・クイーンもちゃんと読みたいのですが、古いので古本屋でも図書館でも置いてある作品がまばらのせいw
購入するには作品数が多くて無理なんです。
そんな訳で、クリスティのデビュー作も今まで読んでなかったのは図書館になかったからでした。
しかし先日行ってみると寄贈されたのかあったんですよ。他の作品はあったのですが、最初ってやっぱり読んでみたいじゃないですか。

<感想>
さて、この作品。
語り部であるヘイスティングズが戦争で負傷した体を静養するために、旧友に招きに応じて閑静なスタイルズ荘に赴くところから始まります。
そこでスタイルズ荘の主であり、富豪のイングルソープ夫人が深夜に何者かによって毒殺されるという事件が起きます。
偶然、その村に居合わせたポワロとヘイスティングズが再会する事により、ポワロがその事件を解き明かすという算段になるわけです。

1920年(ここでいう「戦後」は第一次世界大戦ですからね:苦笑)に発表された作品ですが、十分に読み応えのある作品でした。
それというのも、古過ぎて付いていけない部分があまりなかったからでしょう。現代から考えると文明の利器といったものがあまりにも古過ぎて、今の私たちから考えるとあまりにお粗末なトリックというものは多々あります。
これはもう発表された年代を考慮するしかないんですけどね。

今回、犯行に使用されたストリキニーネという薬の特徴(これが事件の鍵となる)は元々薬に精通していないと分からないのでスルーします(苦笑)
しかし、この薬は他のミステリ作品にも度々登場しますので、かなり有名なんですね…。
あとは文章に書かれた事柄を追って、推理していくので…まぁ、犯人当ての条件は今も昔も一緒かと。
ただ、語り部であるヘイスティングズがミスリードしてくれますので、読む方はそれに気をつける必要がありますが(笑)

私はもともと推理に向かない頭をしているので、しっかり作者の思惑通りに振り回されましたw

クリスティの「散々、疑わせておいて空振りさせ、その上でさらにどんでん返しが待っている」という王道がしっかりとあります。
これが見事に成立すると騙されても「ああ、ミステリを読んだな~」と満足感が得られるのですが、逆に卑怯なやり方だったり、あまりにも突拍子もないものだと「時間と金返せ!」と作者にクレームをつけたくなります(笑)

ちなみにクリスティの作品で「ABC殺人事件」「オリエント急行殺人事件」を小学生の時に読みました。
当時の私は「ABC」は良かったのですが、「オリエント」のオチには怒った記憶があります(苦笑)
納得いくいかないは個人の差でしょうね。

同時期に「海辺の殺人」という作品も読んでいるのですが、内容が全く思い出せません。
これは小学生向けに出版された推理小説全集の中の一冊で、実際のタイトルがどうも「なぜエヴァンスに頼まなかったのか?」らしいんですね。
途中で飽きたのか、それとも印象に残っていないだけなのか…いずれ改めて読むと思います。

最近の推理小説ではなかなかしっくりといかないのは、私自身が古典的手法を好んでいるせいでしょうか?
つまり、探偵が「さて、みなさん」と一同を見渡しながら事件を解くという現実では絶対にあり得ないシチュエーションが好きなんでしょうね(笑)
でも、名探偵コナンや金田一少年の事件簿が人気を博したのはこれに沿っているからじゃないかな~とも思います。

久しぶりに楽しい読書でしたw

よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

幻の女

幻の女 PHANTOM LADY

幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))
(1976/04/30)
ウイリアム・アイリッシュ

商品詳細を見る


<STORY>
その時刻、彼はただひとり街をさまよっていた。
たまらない不快な想いを胸に、バーに立ち寄った時、奇妙な帽子を被った女に出会った。形も大きさも色までもカボチャにそっくりなオレンジ色の帽子だった。
彼は気晴らしにその女を誘ってレストランで食事をし、カジノ座へ芝居を見に行き、酒を飲んで別れた。
そして帰ってみると、喧嘩別れをして家に残してきた妻が首に彼のネクタイを巻きつけて絞殺されていた。
彼の不在証明(アリバイ)を立証できるのは、名前も年齢も住所も知らないあの女だけだった。
しかし、誰一人として彼が女と一緒にいるところを覚えているものはいない…女の存在そのものが立証できなかった。
刻一刻と迫る死刑執行の日。唯一の目撃者である「幻の女」はどこに?



<感想>
古典ミステリというより、サスペンスと言った方がふさわしい小説です。
小学生時代に、少年少女推理小説全集みたいなものがあって、それで読んでいました。もう一度読んでみようと思って図書館で借りました。
殺人事件の概要と「幻の女」の正体と犯人は覚えていたのですが、その間はまるっきり忘れていたので、ようやく一つの作品にまとまった感じです。

実はこの作品、急逝された漫画家の和田慎二氏「愛と死の砂時計」という作品で描いています…と言っても「幻の女」を漫画にしたのではなく、この作品の趣旨を別作品に投影して描いたというべきでしょう。
主人公は「彼」ではなく、その婚約者の女性で、殺されたのは「妻」ではなく、その婚約者の保護者いうか後見人というか…学園の理事長だったかな?
「彼」がその学園の教師で、婚約者はその生徒という設定でした。
教師と女学生の恋ということで、当然のごとくその理事長は反対していました。それでも結婚の了承を得るべく、ふたりは努力を重ねていたわけです。
ある日、理事長から呼び出されて理事長室に行ってみると…死んでいたわけですね。
死亡推定時刻と思われる時間に、彼は自殺しようとした一人の女性に出くわし、思いとどまるように説得していたというのですが…はい、この自殺未遂の女性が「幻の女」なのですね。

こんな感じで設定が変わると、それに付随した事柄も変わっていくので似ているけれど別の作品になるんですよね。
私は先にこの漫画を読んでいたので、知らずに「幻の女」を読んだ時は本当に驚きました(笑)


さて、小説の方ですが。
改めて読んでみると、小学生の時とは全く別の感想が湧きあがってきます。
子供向けの訳と大人向けの訳では当たり前かw
今も昔も驚く箇所が変わらないのは「妻殺しで死刑宣告を受ける」「死刑執行がやたらと早すぎる」という点でしょうか。
なんと「事件発生」からわずか150日後で死刑執行となるんですよ…その間に捜査・立件・裁判・判決がある。

早すぎじゃありませんか?

ちなみにこの作品が書かれたのは1964年で舞台はニューヨークです。
アメリカの法律は日本のものとは異なりますが、これはちょっと理解しにくい部分でした。
あと意外だったのは「妻殺し」で死刑判決が出るところでしょうか。

すっかり「一人殺しただけで死刑は重すぎる」という考え方が定着してしまいました。(この言葉を弁護士が平気で言うからいけないんだ!)

まぁ、このあたりは国と文化・法律が違うからどうにもなりません。
違和感は拭えなくても、作品としては成立するのだからスルーする以外に方法はありません。
この作品の面白さはそこじゃないしね(苦笑)

とにかく、無実であるのに死刑宣告を受けてしまった彼を唯一救える「女」の行方を読者は追いかけるわけですよ。
また特筆すべきは、
この作品には探偵は登場しません。

何しろ読者は彼が無実である事を知っているし、また「事件の真相を解く・真犯人を探す」ことではなく、とにかく「無実を証明できる女を探す」ことが延々と書かれているわけです。

問題のその女ですが、「本当に誰一人としてその女を記憶していないのか?」となると、実は違うのです。
彼と女が一緒にいた事を証明できる人間はちゃんといたのです。
しかし、なぜか揃いも揃って誰も「見ていない」「知らない」と証言するのだからおかしい。
彼らは自分の証言が無実の男を死刑台に送り込むと分かっていて、そんな証言をした事になるわけです。
果たしてその真意は?と疑問が浮かび、彼の無実を信じて「疑惑の証人」や「女の手掛かり」を追いかける彼の友人彼の恋人(←既婚者なので不倫なんですよね。これがまた不利に働いたのですが…)が頑張るわけなのですが……ここはお約束で、その証人や手掛かりを知る者が次々と死ぬんですね~。
このサスペンスドラマの王道はこの「幻の女」からなのかな?

散々、振り回されて最終的にどんな結果を迎えるかは読んでのお楽しみになるのですが…その結末にはちょっと疑問もあるんですけどね(笑)
基本的には「意外な犯人」が確かにいいのですが、ちょっと意外過ぎて違和感が拭えなかったのも事実です。
もし犯人がその人物ならば、そこに至るまでの経緯というか、会話で不自然な部分があるからです。ただ、これは翻訳の結果かもしれないので何とも言えないかな。

ちなみに、この作品で殺されてしまった「妻」ですが……申し訳ないけれど全く同情の余地なしの人物で逆に笑えました。
殺人犯に仕立て上げられた夫は、新しい恋人(←この女性は本当に頑張る頑張る)がすでにいて、離婚をしようとするのですが、妻が全く相手にしない。すでに愛情なんてないけれど、自分と離婚できないと夫は新しい女とは結婚できない。嫉妬とかプライドの問題ではなく、どうも焦る夫を見て楽しんでいるようなんですね…。話し合うそぶりを見せて期待させておいて突っぱねるといういわゆるドタキャン?をし、それで喧嘩となって、夫が家を飛び出す事が事件の始まりなんですが…この妻の人物像を見る限り、いつ殺されても文句は言えない女性なんですよ。
真犯人によって殺された理由も何というか…殺人は許してはいけない罪ですが、被害者にだって多大な落ち度があるという典型的な例ですね。

この作品中の法律に照らし合わせるなら、逮捕された真犯人は確実に死刑かな。
最近、どうも推理物を読むと事件が解決しておしまいのはずなのに、逮捕された犯人の判決が知りたくなります。
「名探偵コナン」や「金田一少年の事件簿」では連続殺人が当たり前で、それなりに犯人側にも事情があったとしても、どういう裁判になるのか気になってしまいます。
中には金銭欲や名誉欲など身勝手な理由による殺人もあるので、こちらはほぼ死刑確実じゃないだろうかとも思いますね。
死刑制度に関してはいろいろと意見もありますし、諸外国の人権擁護団体からは抗議文を突き付けられていますが、私はどうも「死刑廃止」は考えられないんですよ。
被害者遺族の復讐という意味合いもありますけど、意外にもこの一言が実は原因だったりします。
例の「人を一人殺したくらいで死刑は重すぎる」という奴です。

死刑は立派な合法殺人だというのが死刑廃止論にありますが、殺された方の身になって見ればやはり「目には目を」の気分になってしまいますね。
まぁ、これは作品とは関係ないのですけど。

総合的にこの「幻の女」は面白い作品だと思います。

よろしければポチっと。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。