スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏は主を選ばない

烏は主を選ばない
烏は主を選ばない烏は主を選ばない
(2013/07/10)
阿部 智里

商品詳細を見る



<あらすじ>
八咫烏が住む世界。
金烏であるとして、兄皇子を廃して、弟皇子が日嗣の皇子として冊立された。しかし、その皇子は破天荒でうつけ者として周囲から嘲笑される。
そんな若宮の世話係りに望みもしないのに抜擢されてしまった雪哉。
予想もつかない若宮の言動に振り回されながら、雪哉は宮廷の陰謀に巻き込まれてしまう…。



<感想> ネタバレあり
当ブログで紹介した「烏に単は似合わない」の続編というか…同時間軸の若宮サイドのお話です。
前作の方は、若宮のお妃候補として四人の姫君が桜花宮に上がり、一向に現れない若宮に焦れながら、互いの動向を探りつつ、ちょっとした事件が起こり、そして最後は急転直下の大どんでん返しという荒業を披露してくれた「第十九回松本清張賞受賞作品」です。
詳しくはそのブログを読んで下さい…思いっきり批判してますが(笑)


今回の本は図書館で偶然に見かけました。
よもや続編があるとは思わなかった(笑)
本当に一体、どうやればあの話の続編なんてできるんだ?と正直、作者と出版社の意図を疑いました。

続編ではなかった。

あの前作で、最後の最後で全てのフラグを回収した若宮の話…しかも内容は「あの時、若宮は実はこんなに大変だったんですよ~~」という作者のフォローですね。
しかし、若宮視点ではなく、あくまでも若宮に強制的に従者にされてしまった雪哉の視点です。

前作のアレがあるので、ある程度の期待はありましたが…やはり前作ほどのインパクトはなかったかな。
それでも、何というか……作者は「押し付けがましい一方的な善意」というものが好きですね(苦笑)

どっちだろう?とずっと見てましたが、最後の最後での黒幕の独り善がりは前作同様に腹黒大魔神降臨なのでしょうけれど、やっぱり前作の姫の方が腹黒さは数段上ですねぇ……。
あの姫がその後、どうなったのか…まぁ、当人は悪気なしですからこれからものほほんと暮らしていくでしょうけど、その方が気になる(苦笑)
むしろ今作の黒幕の方が小物に見えるよw

小物と言えば、前作に引き続き、若宮の父ちゃん…一応、今上(現在の帝)は本当にダメ男の見本ですね~。
臣下にも、正妻にも、息子二人にも見向きもされないってwwww
ここまで貶める必要あるのかなぁって、むしろ不憫に思うよ。


そして、ここからネタバレです。



































今回の主人公は雪哉なのでしょう。
一応、彼の視点なので…前作はこの「視点」で大どんでん返しが起きたんですけどね(笑)
まぁ、二番煎じはあり得ないので、腹黒大魔神は雪哉ではありませんでした。

ん~~~でも、やっぱり作者は「読者に予想も出来ない衝撃の事実!」ってのをやりたかったんでしょうか。
ここは作者の意図と読者の求めるものが食い違う場合があるので、分かりませんが……私にはやはり理解できなかった。
まぁ、若宮と雪哉の境遇が実に似ているという部分を作りたかったのかな?

雪哉も三人兄弟の次男で、地元では有名な「ダメな次男坊」を「演じてた」んですから。
若宮の場合は、宮中のしきたりなどに従わない・自由気まま・信用できるものを選別するための無理難題などでうつけ者としてレッテルを貼られていたけれど、雪哉は完璧に演じてましたねぇ。
それを見破って、若宮が雪哉をただの従者から側近にしたいと願ったけれど……ここで雪哉は拒絶するんですよね。


ごめん、この展開がマジで理解できなかった…。


これは致命的なんだな。
恐らく作者がこのシーンに力を入れていたはずだから…。

いろいろな誤解などがあって、一度は裏切られたと勘違いした雪哉が、若宮の置かれている状況に気が付き、何よりも「好きになっている」自分に気が付く。
王道パターンなら雪哉が若宮の側近になる…そのはずだと読者は思う。
だが、作者はここで敢えて、「僕の知らないところで勝手に死んでください」と雪哉に若宮を完全拒否させるというラストにした。


王道を外すのはいいけれど、だめだ、肝心の雪哉の胸中が分からない!!
何度、読み返してもこの拒絶に至る彼の思考が分からない!
これが分からないと、この物語は不完全燃焼に終わります(泣)

設定そのものは私の好みなのですが、どうしても感情移入までいかないんですよね…。
これはもう作者との相性の問題かなぁ…。

次回作…この話の続きとなると…やっぱりどうするの?と思ってしまいますが、見つけたら好奇心で読むと思います(笑)



よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト

ヘルレイザー2

ヘルレイザー2 HELLBOUND HELLRAISER2

ヘルレイザー2 [DVD]ヘルレイザー2 [DVD]
(2011/09/07)
アシュレイ・ローレンス、ケネス・クラナム 他

商品詳細を見る


製作年:1988年/製作国:イギリス アメリカ/上映時間:99分/監督:トニー・ランデル

<STORY>
パズルボックスによる惨劇後、カースティは精神病院に入院を余儀なくされた。真実を話すものの、警察も医師も「妄想」として信じようとしない。
ところが、その病院の院長であるチャナード医師はかねてからパズルボックスを研究していたのだ。カーティスの「(ジュリアが死んでいた)マットレスは廃棄して欲しい」という懇願に疑問を感じたチャナードは、警察にそのマットレスを自宅へと送ってもらう。
彼は病院に収容していた患者を犠牲にして、ジュリアの復活に成功する。そして、パズルを解き続けるティファニーにパズルボックスを解かせ、ついに地獄への扉を開いてしまう。

<感想> ネタバレあり
少し休憩を挟んで、再びホラー映画鑑賞を再開しました。
興味のあった「ヘルレイザー」の続編です。

前作から引き続き、ヒロインのカースティは不遇としかいいようがない。
叔父フランクの身勝手な行動によって、仲の良かったとは言えない継母ジュリアは連続殺人を起こし、ついには父親まで殺されるという…トドメが精神病院に強制入院ですよ。
冒頭はその事件後から、警察がカースティの実家からジュリアが殺した犠牲者の腐乱死体を発見しつつ、証拠物件の押収…ジュリアの死んだマットレスが登場します。

フランクがとうやって復活したかをカースティは知らないはずなのですが、なぜかジュリアの死んだマットレスに反応して「破棄して!」と刑事に懇願(苦笑)
そして、これまた何も知らないはずのチャナード医師はそのマットレスを警察から手に入れて…精神的に重症な患者を連れてきて、そのマットレスの上で自傷行為をそそのかす。

たっぷり血を吸ったマットレスから、ジュリアが復活!!

だから、どうして手順が分かったんだ(笑)

この辺はスルーして下さい、というホラーのお約束なんでしょうね。
それにしても、皮膚がない血の滲んだ筋肉組織標本のジュリア……生々しいですが、艶めかしいわけではないはずなのに、チャナードがしっかり落とされるって!!

ジュリアの悪女レベルはハンパねぇ!!

以下、ネタバレしますのでご了承ください。












前作でフランクに皮膚を取り戻させるために、ジュリアは男たちを誑し込んで、自宅に連れ帰り、殺して与えるという非常に献身的な苦労を余儀なくされた。
今回、手助けをしたチャナード医師は立場をフル活用して、一気に犠牲者を確保するというある意味すばらしい働きを見せてくれました。

精神病院の地下に収容されている重症患者を使うなんて……従業員、気づけよ(笑)

ああ、チャナードの不審な行動に気が付いて自宅に侵入して、ジュリア復活を目撃したよりカイル医師がいたんだけど…カースティをチャナードの自宅に潜入させるという役割を終えた後に、あっさりとジュリアの皮膚になりました(苦笑)
何というか、「ヘルレイザー」に登場する男って本当に使えねぇ!!!
ちなみに前作で登場したカースティのボーイフレンドは、前作の不思議体験を刑事に話して「カースティは妄想が強い」という印象を与えただけで一切登場しませんでした(笑)

パズルボックスを開けてしまうと、魔道士(セノバイト)に目を付けられてしまうため、チャナードは入院患者でパズルをひたすら解き続ける少女ティファニーにやらせます。
何も知らずに渡されたパズルボックスを解いてしまうティファニー……って、待てよ!

いつの間にチャナードの手にパズルボックスが(笑)!?

研究していたのはいいとして、実物がなぜにすでに渡っているんだ…ここもお約束のスルーなのか。

そして、さらに驚愕なのはティファニーが開けてしまったのに、ピンヘッドさんが

「我らを呼んだのはこの娘ではない」

と言って、様子をマジックミラーで見ていたジュリアとチャナードが居たところを思わせぶりに見つめてティファニーをそのままにして立ち去ったことでしょう。


前作でカースティが知らずに開けてしまった時とは随分と態度が違うじゃないか!(強制連行しようとしたよね?!)

それに、ジュリアとチャナードの存在に気が付いたと思いきや、やっぱりカースティにロックオンしたよ…あんまり物事を深く考えないんだなって本気で思いました(苦笑)

今作では地獄の中がメインで、その光景はなかなか面白い演出でした。
おどろおどろしい世界ではなく、「迷宮」がコンセプトだったのでしょうか。元が「パズルボックス」だからかな?
カースティに「地獄にいる。助けてくれ」というメッセージを送ったのが、父親ではなくてフランクだったというのは何ともカースティが気の毒…本当に、この男の身勝手さはぶれないです(苦笑)
しかし、前作のラストでジュリアを裏切っておきながら、彼女が登場するや「来てくれたのか!お前はそれほど俺のことを!」と盛り上がってしまうところがおバカな男のお約束ですね。

チャナードもジュリアに生贄にされて、魔道士にされてしまうのに、ラストでやっぱりジュリアにコロッと行くところが……

やっぱりジュリアの悪女レベルはすげぇ!!

でも、そんなジュリアの退場がやけにあっさりだったのが不満と言えば不満です。
あそこまで悪の女王さまぶっておきながら…!!!
絶対にもう一度登場すると期待させておいて、登場したと思ったら…何ですか??あのオチは!!!
そりゃ、きれいに剥けたなぁ~とは思いましたが(苦笑)

まぁ、最大の疑問はラストでカースティとティファニーがあっさりと病院を退院できたことかな(笑)
暴走した新魔道士・チャナード(←面影は微塵も残っていなかったのでバレないと思いますが)により、病院内で大量殺人が起きたために、病院は閉鎖した模様です。
まぁ、自宅にジュリアの犠牲になった死体が大量に残されていたので、やっぱり事件になるとは思いますが。
その割には警察ではなく、引っ越し業者っぽい2名が荷物を運び出して…犠牲になるという「次も作るよ!」的な終わり方でしたね(笑)
それでも、警察が前作の事件が解決していないにも関わらず、カースティを自由にするとは思えないんですが…。
次回作ではヒロインは違うらしいですが、一応見る方がいいのかなぁ…?


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング・にほんブログ村へ 


黒猫の薔薇あるいは時間飛行

黒猫の薔薇あるいは時間飛行

黒猫の薔薇あるいは時間飛行黒猫の薔薇あるいは時間飛行
(2012/12/07)
森 晶麿

商品詳細を見る


<STORY>
黒猫の渡仏から半年が経った。
付き人はポオをテーマに博士論文に挑むが、つい黒猫のことを思い出してしまう。彼の贈り物から一時は互いの気持ちが同じではないかと思い、落ち着いた心も半年経ち、素っ気ないやり取りに再び揺れ動いてしまう。
そんな時、作家「綿谷埜枝(わたやのえ)」のデビュー作にポオの「アッシャー家の崩壊」の構造を見出す。
その小説を研究するには、原作者が体験した「一晩で消えた薔薇」の謎を解く必要があるらしい。

一方、パリで研究を始めた黒猫は恩師の孫娘マチルドから、ある音楽家の音色が変わった原因について相談される。
その音楽家の住む庭は天井庭園に造られ、ある時間になるとひとりの男性が庭の中央で両手を広げて佇むという不思議で儀式めいたことがなされていた。

日本とパリでそれぞれ謎を解くふたり。
しかし、隣りを歩くのはいつもの空いてではなかった。


<感想>
黒猫シリーズの第三弾です。
相変わらず安定した「美学論」が展開されます。前二作の感想でも書きましたが、本当に好き嫌いがはっきり出るところでしょうね。
これが嫌いならどうにもならない(笑)
私はこの手のものは全く触れないで来ましたが、作品で読むのは苦ではありません。しかし完全に理解できるかというと、無理ですね(笑)
馴染みのない人物名や理論などがバシバシ出ますので、そのあたりはスルーしないと…。

主人公の二人である「黒猫」と「付き人」だけが名前出ません。
本当はあり得ないのだけど、それでも物語はちゃんと形を成しているので、特徴のひとつですねぇ。

今回も長編です。第一作目は短編集で第二作目から長編作品でした。
前作は「殺人事件」が絡み、少しドロドロしたものがありましたが……今回はそういったものはないのですが、どことなく「切なさ」が滲んでます。

「すれ違い」「ボタンの掛け違い」そんな表現が似合う事象がきっかけになって、今回の謎を構成していくんですね。

日本とパリで黒猫と付き人は謎を解いていくのだけど、互いへの連絡の取り合いは一切なく、それぞれが単独で行動します。
しかし、微妙に謎はリンクしているのが最後に分かるのですが…何と言ったらいいのか。
ネタバレにはならないと思うので、正直な感想を一言。

黒猫は見事に謎を解きましたが、付き人は完全に外したと思います(笑)

最後の答え合わせ?で黒猫が展開した謎解きで判明しますが、「一晩で消えた薔薇」の謎は正解し、きっかけのデビュー作にまつわる論文まではぎりぎり良くても、人物が人違いだったのは痛いような…まぁ、いいのか。
付き人だし(笑)

今回のメインはおそらく「黒猫への恋から逃げないと決めた付き人」だと思います。黒猫の方は……完璧なツンデレタイプなので、読者から見れば好きなんだろうね、って分かりますけどね。
ただ、本作に登場したマチルド嬢の存在が問題になるんでしょう。
付き人の嫉妬とか不安とかそんなもののために登場した、非常に良く似た傾向のお嬢さんなのでw

あ~~でも、第四作目…出るんだろうか?(←失礼な!)


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ぼくのかわいい病原体

ぼくのかわいい病原体 ‐ライトノベルでざっくり学べる感染病原体入門‐

ぼくのかわいい病原体ぼくのかわいい病原体
(2011/06/01)
夏 緑

商品詳細を見る


<STORY>
医科大学生・白兎は感染症関連に進みたいと願い、自宅で顕微鏡を覗き込み、細菌などを観察するのが趣味だった。しかし、ある日突然細菌やウイルスなどが擬人化して見えるようになってしまう!
しかも、なぜか「かわいい妖精のような女の子」!
動くし、話すし、確かに可愛いのだけど…細菌やウイルスなので中には危険なものも存在する。
同じ学科の女子学生・琉子も巻き込んで、白兎の面白いけれど危険な感染病原体ライフが始まった。

<感想>
笑っていいですか?

笑っていいですよね?

笑うしかないから!!

大腸菌とか黄色ブドウ球菌、アデノウイルスや白癬菌などが、いわゆる「萌えキャラ」に見えてしまうという妙な力を得てしまった微生物学好きな医科大生のお話です(笑)

ジャンルを「マニアック」にしようか迷いましたが、食中毒の詳しい原因や怖い病原体でも、どうやれば効果的に防げるか、あるいは病院で貰う「抗生物質」をどうして決められた用量・用法できちんと飲まないといけないのか、などなど結構ためになることが書いてあるので「雑学系」にしました。

細菌やウイルスの特徴や弱点なども、ちゃんと書いてあるので「ざっくり学ぶ」にはいいですよ。

図書館でも「医学・衛生」の特設コーナーに置いてありました。
「食中毒」や「プールなどで感染する病気」など気になる季節ですからw

大学時代に「微生物学」「臨床微生物学」「寄生虫学」は好きな科目でした。
懐かしい名前がいろいろ出てきました……。

大腸菌:Escherichia coli(和名:学名)
通性嫌気性のグラム陰性桿菌。恒温動物の消化管に常在する。菌毒素生産株で有名なのはO-157。
テストでは和名だけではなく、学名の正確なスペルと読み方まで必要なので大変でした(苦笑)
ちなみに私は大腸菌は「エシェリキア・コリ」と覚えました。この本では「エシュリシア・コーライ」になってますね。
「萌えキャラ」としての大腸菌は「エシュリー」という愛称でツンデレタイプに擬人化されてます(笑)
「動物のお医者さん」という獣医学生の日常を描いた漫画では、私の覚えた方の発音で「コリ」→「コリー」→「コリー犬と言えば~」という連想で大腸菌の愛称が「ラッシー」でした。

他にも黄色ブドウ球菌が「スタフィロコッカス・アウレウス」なので「スタフィー」とか、コレラ菌「ビブリオ・コレラ」は「レラ」とか…まぁ、可愛くしてあります。


名前だけではなく、外見的特徴も細胞壁をもっている細菌は服を、ウイルスで外膜(エンベロープ)を持っていない子は下着姿で、持っているものはマント着用、また特徴的な鞭毛はポニーテールなどで表現するなど芸が細かいです(苦笑)

まぁ、あくまでも「ざっくり学ぶ」が目的です。
全く知識なしの人でも楽しく読めるのですは?と思いました。
知識のある人は……笑って下さい(笑)


よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 


禅は急げ!

禅は急げ! 落護寺・雲水相談室事件簿

禅は急げ!   落護寺・雲水相談室事件簿禅は急げ! 落護寺・雲水相談室事件簿
(2012/09/01)
桂 美人

商品詳細を見る


<STORY>
歴史もあり、本山の裏に位置するために「裏本山」と称されたが、今はすっかり落ちぶれて何やら訳ありの修行僧が多い落護寺。
新米の僧侶である真実は、ある日お布施稼ぎ目的で苦し紛れに設立された「雲水相談室」の担当にされてしまう。
嫌々ながらも、相談者など来ないだろうと思いきや、どうにも一筋縄ではいかない難問を持ち込んでくる相談者に当たってしまう…。

<感想>
素直に言うならば面白かった!!!
タイトルからして「善は急げ」に引っかけてあるし、表紙のどう見ても「オネェ系」の僧侶が目を引くので、コメディ系かな?と思いましたが、当たらずとも遠からずでした(笑)

しかし、真面目に「禅僧」やその修行、組織、禅問答など出てきます。
そのため専門用語がビシバシ出てきますので、巻末付録と称して専門用語の解説が付いているという親切仕様でした(笑)読み方も最初に振り仮名ふってあります。

ジャンルを「ミステリ」にしてありますが、正直どのジャンルにすればいいか悩むところです。
「事件簿」……ええ、確かに「事件簿」なんですが、ミステリにおける事件というには……いささか方角が違う…かな?
いや、しかし、窃盗や放火の犯人捜しありましたねぇ。

まぁ、犯人捜しよりも、主人公・真実とそれを取り巻く個性派僧侶たちとのやり取り、そしてとんでもない相談者たちとの交流を楽しむ内容です。

禅寺らしい説法もありますが、押し付けがましくなく、偽善者っぽくなく、なかなか心温まるものだと思いました。
おススメです。

よろしければぽちっと。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
プロフィール

こぶた貯金箱

Author:こぶた貯金箱
知識は浅く広くがモットーですが、好きなモノにはのめり込むタイプです。
ほとんどが図書館で出会いますが、過去に衝動的に手に入れた本なども紹介していきます。かなりマニアックなもののありますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。